このエントリーをはてなブックマークに追加

明日からの実務に役立つ理論・ノウハウを効率的に学んでいただけます。
※ラインナップ、それぞれの講座の詳細は変更の可能性があります。

Rのインストールから統計分析・ビッグデータの分析手法までを1日で学ぶ!

購買履歴や仕入履歴、来店履歴、営業履歴、WEB上でいうならアンケートや閲覧履歴など。さまざまなビジネス行動データを安価に残せるようになったことにより、ビジネスデータを上手に活用すること注目が集まっています。

今までは多くの場合、EXCELを中心にデータを分析し、レポートを作成してきました。現在は、EXCELでは対応が難しい大量データの処理、複雑なデータの処理に有効なツールが「R」です。特に、マーケティングやサービス企画にかかわる方々にとって、以下のようなRを使うメリットがあります。
1:EXCELのLOOKUP関数より「簡単に高速に」データファイルの結合ができる
2:EXCELのピボットテーブルより「少し踏込んだ」クロス集計表が作成できる
3:EXCELで大量にグラフをつくる状況を、何枚でも自動でグラフが作成できる
多くはこの3つに集約されます。

本講座では、Rのインストールや操作から統計分析・ビッグデータ分析手法までを、「講義と演習」により1日でスキル獲得のサポートをします。

◎前提条件◎

特にありません。Rなどの操作方法は丁寧に教えます。

◎受講対象者 ◎

EXCELを越えたデータを分析したい マーケティング、サービス企画などの担当者

◎この講座を受講すると何が修得できるか◎

【座学部分】
・データサイエンスをビジネスで活用するためのPDCA運用方法がわかる
・データサイエンティストとはどんな人がどんなデータ処理をしているのかがわかる
・データ分析の基本的な考え方とその実例がわかる
・データ分析の応用の方法とその効果の実例がわかる

【実習部分】
・EXCELのLOOKUP関数より「簡単に高速に」データファイルの結合ができる
・EXCELのピボットテーブルをより「少し踏込んだ」クロス集計表が作成できる
・EXCELで大量にグラフをつくる状況を、何枚でも自動でグラフが作成できる
・上記スキルの獲得によりデータ分析が効率化し、分析時間の削減が可能に

講座名 Rではじめるビジネス統計分析講座[基礎編]
日時 2014年8月27日(水) 10:00~18:00(受付開始は9:30)
場所 株式会社翔泳社 セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5 (地図
参加料 54,000円(税抜価格50,000円) ※テキスト代、書籍代含む
参加特典 【事前に送付】
・Rインストールガイド(PDF)
【当日お渡し】
・オリジナルテキスト
・サンプルデータ
・翔泳社刊行書籍 「Rではじめるビジネス統計分析

受講環境 ・ノートPCご持参必須(Win/Macどちらでも可)
*PC持参が難しい場合、事務局へご連絡ください。
【 Mail: info_bizws@shoeisha.co.jp 】
・R,RStudioの事前インストール
*インストール用の資料を事前送付。当日、実行環境の確認を行います。
・Excelのインストール
お支払方法 クレジットカード/銀行振込
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
また、領収書をご希望の方は、領収書の宛名・送付先を明記し、運営事務局までメールでご連絡ください。(銀行振込の方は、お振込み確認後に発行いたします。)

※満席のため、お申込み受付は終了いたしました。

タイムテーブル

10:00-10:50 1.データサイエンスをビジネスで活用するには?
(1) データをビジネスのPDCAにとりこむ方法
(2) 今、求められているデータ分析とは?
a.現状把握の難しさ、あるべき姿を決める難しさ
b.ロジックツリーとMECEをうまくつくるには
c.改善要素がビジネスにあたえるインパクトを検討する
(3) データサイエンスの現状
a.データサイエンティストはどんな人で、何をしているのか?
b.ビジネスにおけるデータ分析のフローの概要
11:00-11:30 2.分析環境の準備
(1)R、Rstudioのインストール状況を確認する
(2) RStudioの機能紹介
11:30-12:30 昼食休憩
12:30-13:00 3.複数のデータを1つのデータにマージする
(1)EXCELによるデータマージ
(2)Rによるデータマージ(merge関数)
13:10-14:00 4.より踏み込んだクロス集計
(1)EXCELピボットデーブルとクロス集計
(2)Rによるクロス集計(dplyr関数)
(3)Rによるより踏み込んだクロス集計(dplyr関数)
14:10-15:00 5.グラフを作成する
(1)数値の種類とグラフ
(2)Rによるグラフ作成(ggplotによるグラフ作成)
(3)棒グラフの作成
(4)箱髭グラフの作成
(5)散布図の作成
(6) その他Rならではのグラフ作成方法の紹介
15:20-15:50 6.大量のグラフを作成する
(1)繰り返し処理
(2)グラフを大量に作成する
16:00-16:50 7.データサイエンスの基礎事例の紹介
(1)「どちらのほうが反応が良いのか?」を判断するためのデータ分析
a.現状とあるべき姿 b.題発見 c.データ分析 d.アクション
(2)「集客効果の高い広告の組合せとはなにか?」を判断するためのデータ分析
a. 現状とあるべき姿 b.問題発見 c.データ分析 d.アクション
17:00-18:00 8.データサイエンスの応用事例の紹介
(1)どんな顧客群をターゲットとすべきか?
a.今どんなユーザが利用しているのかを知りたい
b.利用している行動パタンでユーザを分類したい
c.主成分を説明変数とする理由
d.クラスタリングの実行
e.今いるユーザがより継続するサービスを明らかにする
(2)どんな行動をした顧客が継続利用するか?
a.サービス利用してすぐにやめてしまう人を減らしたい
b.「楽しさ」を統計ツールで構造化する
c.クラスタリングの結果を説明変数とする理由
d.決定木分析により、すぐにやめてしまう人の行動を明らかにする

講師プロフィール

酒巻隆治(株式会社ドリコム データ分析G シニアスペシャリスト)

専門は人間が環境に残す各種行動・購買ログの解析。博士(環境学)。
KDDI株式会社で、マーケティングリサーチ、アイトラッキングなどあたらしいマーケティング分析業務を経て、楽天株式会社の技術研究所にて研究開発業務に従事。
現在、ソーシャルゲーム、その他サービスのログ解析業に従事。データ分析で会社を少しでもバラ色の未来にすべく、がんばっている。
著書(共著含む)に『ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門』(ソフトバンククリエイティブ)、『Rではじめるビジネス統計分析』(翔泳社)がある。

講師プロフィール

里洋平(株式会社ドリコム データ分析G シニアスペシャリスト)

Rの東京コミュニティTokyo.Rの主催者。ヤフー株式会社で、推薦ロジックや株価の予測モデル構築など分析業務を経て、株式会社ディー・エヌ・エーで大規模データマイニングやマーケティング分析業務に従事。
現在、データ分析環境の構築やソーシャルゲーム、メディア、広告のデータ分析業に従事。美しい統計理論を少しでもビジネス利用すべく、がんばっている。
著書に『データサイエンティスト養成読本』(技術評論社)、『ビジネス活用事例で学ぶデータサイエンス入門』(ソフトバンククリエイティブ)、『Rではじめるビジネス統計分析』(翔泳社)、『戦略的データマイニング (シリーズ Useful R 4)』(共立出版)、『Rパッケージガイドブック』(東京図書)

留意事項

  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者の参加証・代理参加者のお名刺2枚」をお持ちの上、受付までお越しください。
  • ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • イベントという商品の特性上、8月20日(水)以降のキャンセルは、参加料未納の場合においても【キャンセルフィ100%】となり、お支払いただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルおよび欠席・遅刻によるご返金等は一切お受けしておりません。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。 なお、旅費(航空券含む)や宿泊費とそれらのキャンセル諸費用については保障いたしません。
  • 会場は変更になる場合があります。その際は事務局よりご案内させていただきます。

事務局からのお知らせ

【冬季休業のお知らせ】
誠に勝手ながら、下記期間中のお問合せ窓口を休業させていただきます。期間中のお問合せに関しましては、1月9日(火)以降の対応となります。ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
冬季休業期間
2017年12月28日(木)~2018年1月8日(月)
ページトップへ