このエントリーをはてなブックマークに追加

明日からの実務に役立つ理論・ノウハウを効率的に学んでいただけます。
※ラインナップ、それぞれの講座の詳細は変更の可能性があります。

「財務の健全性」から「収益モデル/エコシステムの構築」まで

不確実性が高い(一方で、大きなポテンシャルを秘める)新規事業の企画において、売上目標に主眼を置く慣習的な事業計画はあまり役に立つことはありません。リーンスタートアップにおける顧客開発プロセスと同様、最終利益に大きな影響を与える要素を洗い出し、大きな投資を行う前にその変数の仮説をテスト/検証することが求められます。

本講座では、ビジネスモデルキャンバスをベースとし、その財務構造を詳細に検討するために「発見指向型計画法」というアプローチで紹介されている逆損益計算書、顧客やパートナーとの間で交換される財やサービスの流れを検討するために価値交換マップというツールを使いながら、収益モデルやエコシステムの構築についてのグループワークを行っていきます。

なお、グループワークの課題(テーマ)として、昨今注目を浴びているサブスクリプション・ビジネスモデル、シェアリングエコノミー・ビジネスモデルを取り上げていきます。

【本ワークショップで取り扱う、2つの大きなテーマ】

■テーマ1:不確実性の高い新規事業における財務の健全性の検証

■テーマ2:多様な収益モデル、ビジネスエコシステムの構築

【本ワークショップの進め方】

以下、2つの課題に対して、レクチャー、グループワーク、プレゼンテーションの繰り返しによって進めていきます。

●課題1:もしトイレットペーパーのサブスクリプションサービスを始めるとしたら…?

●課題2:もし健康をテーマとしたクックパッドのようなサイト構築を思いついたら…?

【本ワークショップで使用するツール】

◎ビジネスモデルキャンバス
事業体が価値を生成、提供、獲得する方法の論理的な根拠を描写するもの

◎リバース財務ツリー
必要とされる利益から、その利益の実現に影響を与える変数を発見するためのもの

◎価値交換マップ

自社、顧客、パートナーとの間で交換、共有、伝達されるモノを描写するもの

【本ワークショップのテーマと基本的な流れ】

・本ワークショップでは、ビジネスモデルが失敗する大きな原因の1つである「財務上の収支が合わない(利益を生む構造になっていない)」というテーマに最初に焦点を当てます。
・次に、差別価格または価値ベースのプライシング、さらに顧客を初めとする多様な利害関係者における財とサービスの交換に焦点を当てていきます。
・レクチャー、ワーク、プレゼンテーションと共有の繰り返しをベースとします。
・ビジネスモデル、収益モデル、ビジネスエコシステムに対する深い理解と洞察の獲得、第三者に対するプレゼンテーション能力の向上も狙いとします。

【本ワークショップで獲得するスキルや能力】

★収益の観点から「ビジネスモデル」を精査する方法

★新規事業の収益計画の新たな考え方を理解する方法

★新たな収益モデルのケースの理解

★価値提案と価格のフィットを確認する方法

【本ワークショップの受講対象者】

・企業内における新規事業企画に携わる経営者またはご担当者
・企業内における既存事業変革に携わる経営者またはご担当者
・スタートアップまたはベンチャー企業の創業者およびその主要メンバー
・ビジネスモデルの収支モデルを理解したい方

講座名 ビジネスモデルデザイン講座[収益モデル編]
日時 2017年2月2日(木) 10:00~18:00(受付開始は9:30)
場所 株式会社翔泳社1F セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5 (地図
参加料 54,000円(税抜価格50,000円)
お支払方法 クレジットカード/銀行振込
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
領収書 会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。
備考 本講座では演習で四則演算を一部行います。
電卓機能があるデバイス(PC、携帯電話、スマホなど)、もしくは電卓をご持参下さい。

お申込み受付は終了いたしました。



タイムテーブル

   

※休憩は適宜、進行状況にあわせて10分前後確保します。

10:00-12:00 第一部 ビジネスモデルの理解
10:00-10:50 ビジネスモデル基礎(レクチャー)
10:50-11:20 サブスクリプションモデル(レクチャー)
11:20-12:00 ビジネスモデル・ワークショップ

・もしトイレットペーパーのサブスクリプションサービスを
 始めるとしたら?(課題1)
・ビジネスモデルの描写(グループワーク)
・ストーリーテリング(プレゼンテーション)
12:00-13:00 昼食休憩
13:00-15:00 第二部 発見指向型計画法と逆損益計算書
13:00-13:30 発見指向型計画法と逆損益計算書(レクチャー)
13:30-15:00 リバース財務ツリー・ワークショップ

・リバース財務ツリーの描写(グループワーク)
・ストーリーテリング(プレゼンテーション)
15:10-16:40 第三部 収益モデルとビジネスエコシステムの模索
15:10-15:40 価値の交換とプライシングメカニズム(レクチャー)
15:40-16:40 価値交換マップ・ワークショップ

・もし健康をテーマとしたクックパッドのようなサイト構築を
 思いついたら?(課題2)
・価値交換マップの描写(グループワーク)
・ストーリーテリング(プレゼンテーション)
16:50-18:00 第四部 ビジネスモデルの完成
16:50-17:30 ビジネスモデルキャンバスの完成(グループワーク)
17:30-18:00 ストーリーテリング(プレゼンテーション)
※演習で四則演算を一部行います。電卓機能があるデバイス(PC、携帯電話、スマホなど)、もしくは電卓をご持参下さい。

講師プロフィール1

白井 和康(しらい かずやす)

ビジネスイノベーションハブ株式会社 代表取締役
2012年8月にイノベーションのためのビジネスの構造を考えるFacebookページ「ビジネスアーキテクチャー研究ラボ」を開始。2013年1月から2014年5月まで、ビズジェネ(現Biz/Zine/翔泳社のオンラインビジネスマガジン)に「イノベーションを可視/加速化するビジネスアーキテクチャー集中講義」というタイトルで、全29回(1年半)にわたる長期連載を寄稿。
2014年9月から3か月にわたり、「ビジネスモデルフェスティバル2014」のイベント企画から実行、講師を担当。2014年11月にビジネスイノベーションハブ株式会社を設立、代表取締役に就任。現在、IoT(モノのインターネット化)を含むデジタルビジネスモデル構築に対するコンサルティングやファシリテーションに力を入れる。株式会社サーキュレーションの主任研究員、アップサイド株式会社が手掛けるIoTrial事業のエグゼクティブアドバイザーを兼務。

お申込み受付は終了いたしました。

留意事項

  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者の参加証・代理参加者のお名刺2枚」をお持ちの上、受付までお越しください。
  • ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • イベントという商品の特性上、1月26日(木)以降のキャンセルは、参加料未納の場合においても【キャンセルフィ100%】となり、お支払いただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルおよび欠席・遅刻によるご返金等は一切お受けしておりません。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。 なお、旅費(航空券含む)や宿泊費とそれらのキャンセル諸費用については保障いたしません。
  • 会場は変更になる場合があります。その際は事務局よりご案内させていただきます。

事務局からのお知らせ

【冬季休業のお知らせ】
誠に勝手ながら、下記期間中のお問合せ窓口を休業させていただきます。期間中のお問合せに関しましては、1月9日(火)以降の対応となります。ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
冬季休業期間
2017年12月28日(木)~2018年1月8日(月)
ページトップへ