このエントリーをはてなブックマークに追加

明日からの実務に役立つ理論・ノウハウを効率的に学んでいただけます。
※ラインナップ、それぞれの講座の詳細は変更の可能性があります。

実務課題を「データ分析」につなげるための論理思考と、Excelだけを用いた利用頻度の高いデー分析手法を厳選しました

多くのビジネスパーソンが業務で活用できる「データ分析」とは、どのようなものでしょうか。データサイエンティストによる高額なソフトウェアを利用して、難解な統計知識が必要なものでしょうか。
革新的なIT技術、膨大な情報量、過去の成功体験が効かない環境変化の中で、本当に必要なのはデータを使いこなす「人的スキル」です。

本講座では、多くのビジネスパーソンが日々の業務で実際に活用するための「考え方」とデータ分析の基礎的な「手法」を併せて提供します。具体的には、「7つのステップで行うデータ分析」を基本的なユニットとしています。
1:課題を適切、具体的に定義する
2:仮説アプローチを徹底する
3:課題を特定するデータ分解の軸を見極める
4:データの特徴を多面的に把握する3つの引き出しを武器にする(大きさ、バラつき、推移)
5:2軸の視点で、データ間の関係性に着目し、ストーリーを作る(相関関係)
6:2データの関係を数値化し具体的な実行計画に繋げる(単回帰分析)
7:分析結果を解釈し結論を出す。効果的な見せ方を考える

本講座は、日産自動車において、ビジネス改革やデータを駆使した戦略策定のプロジェクトを多数リードしてきた、プロによる実務家のための徹底実践講座です。 分析手法をいくら学んでも、データはあっても使えなかったのは、「課題」と「データ(分析)」をつなぐ思考法ができていなかったから。「データ分析のやり方」だけを伝えるのではなく、「データ分析の活用の仕方」に徹底してこだわったプログラムです。
この点において、よくある「データ分析講座」とは一線を画す、特別セミナーです。他では受けられない、プロの実務家ならではの内容のため、多くの受講者から「目から鱗」という評価を頂いています。

■前提条件/受講環境

本講座は、Excelによる演習を伴います。
・Excel(2003以降)をインストールしたノートPCの持ち込みをお願いします。
*WindowsでもMacでも

以下のスキルをお持ちの方を対象とします:
・Excelで四則演算ができる
・Excelで基本的なグラフ作成ができる(棒グラフ、折れ線グラフ)
・Excelの関数の使い方を知っている(関数そのものの知識は不要です。入力方法のみ)

■受講対象者

・業務データはあるが、それが活用されていない(するやり方が分からない)と感じている方
・今までのやり方、勘と経験だけの判断に行き詰まりを感じている方
・上司や顧客に対して、説得力ある客観的な提案、説明ができていないという課題をお持ちの方
・データ分析手法は学んだが、実務で成果を出すに至っていない方
・BIツールなど道具は揃えたが、データ活用できていないと感じている方

■この講座を受講すると何が修得できるか

・データを扱ったことがない(少ない)人が、データをどう使えばよいかわかります
・データを(グラフ化など)整理することしかできていない人が、データから価値ある情報を引き出せます
・数字に基づいた客観的な業務遂行(課題発見/解決、企画、最適化、効率化など)ができます
・何となく過去のまま仕事をしてきた人が、より目的・成果に直結した目標設定、業務改善ができます

講座名 【第13回】「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座
日時 2017年7月12日(水) 10:00~17:15(受付開始は9:30)
場所 株式会社翔泳社 セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5 (地図
参加料 54,000円(税抜価格50,000円) ※テキスト代含む
お支払方法 クレジットカード/銀行振込
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
領収書 会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。
詳細・お申込みへ

タイムテーブル

10:00~10:25 データ分析・統計を実務で使うってどういうこと?
・専門家と一般実務家が使うデータ分析はどう違う?
・実務家に必要な統計知識とは何なのでしょう?
10:25~11:10 「データ整理」から 「データ分析」へ
・「データ整理」と「データ分析」は何が違う?
・「データ分析」をするには何が必要?
11:10~11:30 仮説アプローチ
・仮説を持つことのメリットとリスクとは?
・仮説アプローチをうまくやるコツとは?
11:30~13:30 課題ポイントを特定する
・ 課題ポイント特定のための仮説(WHAT型)
・ データを分解する切り口
(途中昼食1時間)
13:30~15:10 データの特徴を多面的に捉える
データの特徴を広くとらえる考え方
15:10~16:20 2つのデータから意味を見出す(相関)
ゴールにつながる有力な要因を特定するためには?
16:20~16:55 データの関係を数値で示す(回帰分析)
分析の結果を計画や予測など具体的な数値に落とし込むには?
16:55~17:15 仕事での分析は「分析結 果」がゴールではない (結果解釈と見せ方)
・分析とプレゼンの違いを知る
・分析結果を効果的に伝えるためには?

講師プロフィール

柏木 吉基 (かしわぎ よしき)

データ&ストーリー代表、多摩大大学院ビジネススクール客員教授、横浜国立大学 非常勤講師

日立製作所入社。MBAを取得後、2004年日産自動車へ。海外マーケティング&セールス部門、組織開発部ビジネス改革マネージャ等を経て2014年独立。グローバル組織の中で、社内変革プロジェクトのパイロットを務め、経営課題の解決、新規事業の提案等、数多くの実績を持ち、これらを研修の強味にしている。
著書:『「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本』(日本実業出版社)、『Excelで利益シミュレーションができるようになる本』(洋泉社)、『日経情報ストラテジー』連載中ほか、数多くのビジネス雑誌にも登場

詳細・お申込みへ

留意事項

  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者の参加証・代理参加者のお名刺2枚」をお持ちの上、受付までお越しください。
  • ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • イベントという商品の特性上、7月5日(水)以降のキャンセルは、参加料未納の場合においても【キャンセルフィ100%】となり、お支払いただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルおよび欠席・遅刻によるご返金等は一切お受けしておりません。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。 なお、旅費(航空券含む)や宿泊費とそれらのキャンセル諸費用については保障いたしません。
  • 会場は変更になる場合があります。その際は事務局よりご案内させていただきます。

ページトップへ