DDD Boot Camp

開催日時:2017年2月28日(火)10:00~18:00
受講料金:50,000 円(+税)
場所:株式会社翔泳社 セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5(地図

学習ポイント


業務フローやシナリオは多くの現場で使われていますが、漫然と書いていても、今ひとつぴんと来ない、ということになりがちです。
単に手を動かして成果物を作るだけでなく、きちんと理解してそれを共有するためにはどうすればよいのか、ドメイン駆動設計(DDD)のバイブルでもある『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』(翔泳社刊)翻訳者でもある和智右桂氏を講師に迎え、DDDにヒントを得ながら、ワークショップ形式でポイントを学んでいきます。
メインのワークは、各テーブルごとに発注者側と受注者側の2組に分かれ、予め準備されたシナリオに沿って発注者側は要件を説明、受注者側がそれを受けてモデルを構築するものとなります。作成する主な成果物は、業務フローとクラス図です。役割を替えて同じワークを二回行いますので、参加者は発注者側と受注者側の両方の立場を経験できます。「自分が頭の中に描いたモデルを、言葉で相手に伝える」ことがどのようなものなのかを実際に体験しつつ、モデルとシナリオとの繋がりを理解することで、業務に活かせる実践力が身につきます。なお、本ワークショップではコードは書きませんので、お気軽にご参加いただけます。

こんな方にオススメ

  • 情報システム部で業務システムの要件分析を行っている方
  • 開発組織で要件定義を行うチームのリーダー・メンバーの方
    特に、コミュニケーションをとりながら業務要件をまとめるのに苦労している方におすすめです。 

講師情報

和智 右桂 

ソフトハウスおよびSIerにて開発標準化やフレームワーク開発、大規模システムの受託開発などを経験。現在はエンタテイメント系総合商社の情報システム本部に勤務。開発プロセスやアーキテクチャに関する著作の翻訳活動を定期的に行っている。訳書に『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』(翔泳社、2011年、共訳)、『継続的デリバリー』(アスキー・メディアワークス、2012年、共訳)、『組織パターン』(翔泳社、2013年)、『ビヨンドソフトウェアアーキテクチャ』(翔泳社、2015年、共訳)などがある。

お支払い方法

クレジットカード/ 銀行振込
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。

領収書

会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。

満席のため、お申込み受付は終了いたしました。

タイムテーブル

10:00~10:30
    DDDの概要・ポイント解説
10:30~12:00
    モデル作成の練習
12:00~13:00
    昼食
13:00~17:00
    ワークショップ(2セット)
17:00~18:00
    振り返り

留意事項