講座名 1日でわかるWebサービス制作の全て ~企画から実装まで~
内容 FacebookやTwitterなどのソーシャル系サービス、はたまた国内を見ると、クックパッドやpixiv、nanapiなどのユーザーによるコンテンツ生成が行われるようなWebサイトは我々の生活の中で使われるものになりました。
こうしたWebサービスをつくるには多岐にわたる技術について知らなくてはなりません。また、そもそも、何をどのように誰とつくるか?によってそのWebサービスの市場での価値が決まってきます。
本講座ではこうしたWebサービスをつくるために企画と実装の部分をフィーチャーしつつ、全制作過程を俯瞰できるような内容を目指します。講座の後半では「ライブコーディング」、つまりその場でのWebプログラミングの様子を紹介することにより、サービスが実際にできていく様を体験することが可能です。これからWebの世界で新しいビジネスをしたい!と思っている方、もしくは、日曜大工的に個人レベルからWebをつくってみたいと考えている方にオススメです。
日時 2013年7月23日(火)
13:00~18:00(受付開始は12:30)
担当講師 和田裕介和田裕介
1981年生まれ。Webアプリケーションエンジニア。株式会社ワディット代表取締役社長。未踏ユース準スーパークリエータ。
学生時にSIGGRAPH Emerging Technologies採択。プロジェクトのリーダーを務める。大学院卒業後に父親とワディットを立ち上げ、株式会社オモロキではCTOとしてWebアプリケーション開発を担当する。小粒なWebサービスをいくつも開発してきた。

代表作はWeb音楽プレイヤーの「君のラジオ」。また、オモロキでは、人気お笑いサイト「ボケて」のシステム開発を務めている。カンファレンスなどの発表も多数あり、YAPC::Asia 2012では60ほどのトークセッション中、ベストトーク賞1位を獲得した。
著書に『Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ』(技術評論社)がある。

場所 株式会社翔泳社 セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5 (地図
参加料 54,000円(税込56,700円)
お支払方法 クレジットカード/銀行振込
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
また、領収書をご希望の方は、領収書の宛名・送付先を明記し、運営事務局までメールでご連絡ください。(銀行振込の方は、お振込み確認後に発行いたします。)
お申込み お申込み受付は終了しました。
ありがとうございました。
留意事項 ページ下部をご覧ください。

1時間目:Webサービスをつくるに当たって

  • Webサービスの定義
  • 事例紹介
  • サービスを提供する=ユーザーがいる
  • 個人や小さな規模からも始められる
  • 得られること
  • スピリチュアルな話
  • 6畳一間から世界を変える
  • アイデアの所有権
  • 手を動かした者勝ち

2時間目:企画、開発準備

  • 創造のサイクルを回せ!
  • アイデアとコンセプトの違い
  • 組み合わせが全て
  • それはシャワーを浴びている時に降ってくる
  • セルフトーキングとキラキラネーム
  • シーズとニーズの話
  • 究極のブレインストーミング
  • リスク、リスク、リスク
  • 開発の準備をしよう
  • エディタという道具
  • 勉強会ってのがあるよ
  • 巨人の方に乗る

3時間目:Webテクノロジー・オーバービュー

  • プロトコルという概念
  • HTTP
  • URI / URL
  • GET / POST / PUT / DELETE
  • Webページを構成する要素
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • 静的サイトと動的サイト
  • Webプログラミングとその言語
  • Web Application Framework
  • MVCモデル
  • サーバソフト色々
  • ミドルウェア色々
  • 物理サーバ色々
  • クラウドとしてのAWS

4時間目:ライブコーディングその1

  • Twitterログイン掲示板をつくる
  • いつやるの?今でしょ!
  • 開発環境の紹介
  • Perlイントロダクション
  • Mojoliciousイントロダクション
  • ライブラリという概念とその利用
  • ルーティングの制御
  • コントローラの実装
  • テンプレートの記述
  • Twitterログインを実現する

5時間目:ライブコーディングその2、まとめ

  • データベースのセットアップ
  • O/R Mapper について
  • モデルをつくる
  • コマンドラインインターフェース=CLI
  • フォームバリデーション
  • CSS Frameworkを利用する
  • いよいよ完成へ
  • 本番環境への適応
  • 今回紹介しなかったこと
  • まとめ