SNSやオウンドメディア、インバウンドマーケティングなど、誰でも世の中に情報発信できる環境となり、「伝える」ために「Webコピーライティング」のスキルは欠かせなくなりました。

MarkeZineの連載でも惜しみなく、Webコピーのフレームワークとレトリックを紹介していますが、頭で理解しても、なかなか実践できません。何度も書いて、体に刻み込んでようやく「スキル」になります。当日は、実際にキャッチコピー、ボディコピーを実際に書いていただき、その場で講師が添削するワークショップの時間を設けています。少人数制だからこ、実現する充実の集中特訓講座です。

講座名 動かす、読まれるWebコピーの発想と作り方
日時 2014年5月28日(水)
13:00~18:00(受付開始は12:30)
対象
  • ライティングもするディレクター
  • 紙とWebのコピー表現の違いを知りたい人
  • コピーライター新人(経験2、3年目まで)
担当講師 有田憲史講師:有田憲史(コピーライター)
主な仕事は広告や販促ツール、Webサイト、IRツール、ダイレクトマーケティングの企画やコピー。時々マーケティングプランナーも。その他さまざまな仕事もこなしており、ネット通信講座のコピーライティングの講師、マーケティングコンサルタントやゴーストライターの経験も。これまで担当した業界は電機メーカー、IT、不動産、自動車メーカー、健康食品、流通、食品など。著書に『「売る」コピー39の型』『「売る」文章51の技~説得力あるキャッチコピーとロングコピーの作り方』がある。
【MarkeZine担当連載】
場所 株式会社翔泳社 セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5 (地図
参加料 58,320円(税抜価格54,000円)
お支払方法 クレジットカード/銀行振込
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
また、領収書をご希望の方は、領収書の宛名・送付先を明記し、運営事務局までメールでご連絡ください。(銀行振込の方は、お振込み確認後に発行いたします。)
申込方法 お申込は終了いたしました。
ありがとうございました。
事前課題 キャッチフレーズ、ボディコピーの作成と商品情報の予習
ご持参
頂くもの
キャッチコピー、ボディコピーを書く演習がありますので、PCやタブレットなど、原稿を書いて送信できるデバイスをお持ちください。
留意事項 ページ下部をご覧ください。

第一部:基本のおさらい

  • コピーの役割と働き
  • ライティングの原則
  • やりがちな間違い
  • Webのライティング(ユーザビリティとリーダビリティ)
  • ミニ演習

第二部:キャッチフレーズの作り方(前半)

  • 作る前の準備
  • 発想のフレームワーク
  • 代表的な発想のレトリック
  • 演習(キャッチフレーズづくり)

第三部:キャッチフレーズの作り方(後半)

  • レビュー(公開添削)
  • 演習(キャッチフレーズづくり再チャレンジ)とレビュー

第四部:ボディコピーの作り方

  • ボディコピーの基本構造
  • 説得力アップのためのフレームワークとレトリック
  • 演習(キャッチフレーズ+ボディコピー)とレビュー

第五部:講評とまとめ

  • レビュー
  • まとめ
  • 質疑応答