イベント概要

今回、4回目となる読者限定イベントは「マーケティングシンキング~柔軟な発想から次の一手を考える~」と題し、ご来場者の皆さまの脳を刺激し、気づきを与えるセッションをご用意いたします。リアルとデジタルの垣根を越える新戦略についての講演。そして、“予算”についてトップランナーのマーケターが本音を明かすパネルディスカッション。さらには、ネットワーキングの場も用意させていただきます。学びの場としてはもちろん、新たな出会いの場としてもご活用ください。皆様のご来場をお待ちしております!

名称 定期誌『MarkeZine』読者限定イベント vol.4
日時 2017年10月3日(火)16:00~19:15
※受付開始15:30
会場 KFC Hall
〒130-0015
東京都墨田区横網一丁目6番1号 KFCビル3F
主催 株式会社翔泳社 MarkeZine編集部
参加対象 定期誌『MarkeZine』の購読者
定員 300名(先着/購読1口につき2名様まで)
参加費 無料
受付時の提出物 参加証(代理参加の場合も)と名刺1枚

タイムテーブル

16:00~16:05

挨拶・趣旨説明

押久保 剛

プロフィール

株式会社翔泳社 第2メディア編集部 部長 兼 MarkeZine編集部 編集長

1978年生まれ。茅ヶ崎在住。立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、『MarkeZine(マーケジン)』の立ち上げに参画。2006年5月のサイトスタート以降、MarkeZineの企画・運営を一貫して担当。2011年4月にMarkeZine編集長、2015年4月からはマーケティング/EC/ビジネス領域のメディアを管轄する第2メディア編集部 部長に就任。MarkeZine編集長を務めつつ他メディアのグロースを支援する。また、自社書籍の販促支援を目的とし2015年4月に新設されたマーケティング広報課の課長も兼任している。

16:05~17:05

LIFULL HOME'Sが挑む、リアルとデジタルの一体化

「不動産業界をテクノロジーで変革する」と掲げ、オンライン不動産メディアとして激しい競争の中で著しい成長を遂げてきたネクストは、2017年4月より、社名を「株式会社LIFULL(ライフル)」に、主要サービスを「LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)」に変更しました。昨今、デジタルとリアルの垣根を越えて、顧客へサービスを提供していく「LIFULL HOME'S」の取り組みは、業界としても大きな注目を集めています。同社が目指すビジョンをはじめ、それを実現するための取り組み、社内の組織体制、社外パートナーとの協力、テクノロジーの活用、人材育成について、ご講演いただきます。

久松 洋祐

プロフィール

株式会社LIFULL 取締役 執行役員 LIFULL HOME’S 事業本部マーケティング戦略部長

株式会社アールアンドシーツアーズにて商品開発やブランディング、会員向けサービス立ち上げ、オンライン予約のシステム開発・運用、アライアンスなど多岐にわたる業務経験後、Webに魅力を感じ、2003年10月、不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(現:株式会社LIFULL)へ入社。以降HOME'Sのサイト開発、マーケティング部門を経て、2012年4月、執行役員就任。2014年6月より現職。LIFULL HOME'S事業のマーケティング戦略を統括している。

17:05~17:20

休憩

休憩時に、お酒などのお飲み物をお配りします。
次のセッションからは、お飲み物を飲みながらリラックスした気分でご参加ください。

17:20~18:20 パネルディスカッション

マーケティングで大切なお金の話をしよう ~1億円の予算があったらどうする?

定期誌MarkeZine、そしてWebのマンガ記事『1億円の予算があったらどうする? あのマーケターならこうする!』 にご登場いただいたマーケターが、リアルの場で「1億円の予算があったらどうするか」について改めて深掘りして話し合います。「もしも」の話だけではなく、読者の皆さまが気になるであろうお金(予算)に関する生々しい話も展開していきます。

サラ キム ペリー

プロフィール

Tokyo Otaku Mode Inc. Marketing & Merchandising Team Leader

アメリカ出身。アニメや文学の影響で日本に興味を持ち、大学在学中、一年間交換留学で来日。その後、帰国するも、子どもを対象とした英会話教師として日本で就職。熊本、姫路などで勤務し、Tokyo Otaku Mode社協賛の漫画翻訳コンテストで優勝したことをきっかけに、同社に入社。カスタマーサポート担当、アパレル部門立ち上げを経て、マーケティング・マーチャンダイジングチームのリーダーに就任。

緒方 恵

プロフィール

株式会社中川政七商店 執行役員/Chief Digital Officer

2005年、東急ハンズに入社。バイヤー、VMD担当を経てWebチームに異動。ECサイト運用から、デジタルマーケティング・ソーシャルメディア・新規デジタル施策開発などを横断的に担当する「何でも屋」として、様々なWeb/デジタル施策の開発および運用を担当。2016年5月に東急ハンズを退職。同年8月、中川政七商店に入社し、Web/デジタル領域すべてを担当している。

鈴木 幸尚

プロフィール

freee株式会社 オンラインマーケティングチーム ジャーマネ

1990年生まれ。千葉県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、2013年freeeへ入社。Webサイト、運用型広告、経営ハッカーの立ち上げなどを経て、現在はオンラインマーケティングチームマネージャーを担当。趣味は、サウナトリップ。

モデレーター:市川 明徳

プロフィール

株式会社翔泳社 MarkeZine編集部

大学卒業後、編集プロダクションに入社。漫画を活用した広告物や書籍のクリエイティブ統括、シナリオライティングにあたる。『マンガでわかる統計学』(オーム社)、『マンガでよくわかる教える技術』(かんき出版)などを手掛ける。2015年、翔泳社に入社。MarkeZine編集部に所属。マスコットキャラ「マルット君」を作り出し、同キャラを主人公とした業界キーパーソンインタビューマンガの連載も担当する。

18:20~19:15

懇親会・中締め

定期誌『MarkeZine』の読者の皆様、ご登壇された有識者の皆様、そしてMarkeZine編集部でのささやかな懇親会を予定しております。

19:15

イベント終了

ご来場ありがとうございました。お気をつけてお帰りくださいませ。
定期誌『MarkeZine』を今後ともよろしくお願いいたします。

お申込みはこちら

前回のイベントの様子

2017年7月11日に行われた第3回目となる読者向けセミナーは、「マーケティングの未来予想~戦略とテクノロジー」をテーマに開催いたしました。『なぜ「戦略」で差がつくのか。』著者の音部氏から本書のエッセンスの共有や、先端技術が変えていくメディア環境とマーケティングに与える影響についてのパネルディスカッションに加え、ネットワーキングの場を用意させていただきました。

お申込みはこちら

参加申し込みにあたって

○本イベントは定期購読者限定のイベントです。ご購読お申し込み1件につき2名様までの参加とさせていただきます。また、2名様同時申込はできません。恐れ入りますが、1名様毎に申込をお願いいたします。参加証は、ご入力いただいたメールアドレスへ申込完了後直ちに自動送信されます。

○お申し込みの際には「Order No.」の入力が必須となります。「Order No.」は定期誌をご注文いただいた際の「注文受付のご連絡」メールの件名に記載がございます。

○当日は、参加証とお名刺1枚をご持参の上、受付までお越しください。

○申込者が欠席の場合は代理参加が可能です。申込者の印刷した参加証と、代理参加される方の名刺をご持参の上、当日受付にて代理で参加される旨をお伝えください。

お申込みはこちら

個人情報の取り扱いについて

個人情報については、翔泳社の「個人情報保護方針」を基に、個人情報保護に関する日本の法令や規範を遵守し、本イベント以外の目的で使用することはありません。