このエントリーをはてなブックマークに追加

明日からの実務に役立つ理論・ノウハウを効率的に学んでいただけます。
※ラインナップ、それぞれの講座の詳細は変更の可能性があります。

「市場機会の発見」から「ビジネスの仕組みづくり」まで

プロダクトやサービスは顧客を創造するための手段であり、利益は結果です。顧客を創造(他社からの略奪ではない)するためには、新しい市場機会を発見することが重要です。もう1つ重要なことは、その顧客に新しい価値を提供するために必要とされるビジネスの仕組み作りです(プロダクトやサービスだけではない)。

本講座では、ジョブ理論を実践向けに進化させた「成果指向によるイノベーション」、ビジネスモデルキャンバスおよび価値提案キャンバスを組み合わせたワークショップです。2つの課題をベースに、顧客のジョブと成果(ペインとゲイン)を満足させると同時に、プロダクトやサービスのみならず、ビジネスを行う仕組みを再発明するためのアプローチをグループワーク形式で学習していきます。

講師に白井和康氏を迎えて、「キャンバス」+「バリュープロポジションキャンバス」+「ジョブ理論」を一気通貫で実際に活用するための基礎を、ワークショップ形式で習得頂きます。「ビジネスモデル・ジェネレーション ワークショップ」や「JOBSメソッドワークショップ」を受ける前、受けた後に、各種ツールの連携を考える際に有効な講座内容です。

本ワークショップで取り扱う、2つの大きなテーマ

■テーマ1:顧客の真のニーズの発見と価値のデザイン

■テーマ2:ビジネスモデルの革新

本ワークショップの進め方

以下、2つの課題に対して、レクチャー、グループワーク、プレゼンテーションの繰り返しによって進めていきます。

●課題1:もしプロ野球球団の運営を任せられたら…?

●課題2:もし近未来のキッチンのプロデュースを頼まれたら…?

本ワークショップで使用するツール

◎ビジネスモデルキャンバス
事業体が価値を生成、提供、獲得する方法の論理的な根拠を描写するもの

◎顧客ジョブマップ
ターゲットとする顧客のジョブ、ジョブを構成するタスク、望ましい成果を記述するもの

◎価値提案キャンバス
ターゲット顧客と価値提案を実現するプロダクトやサービスのフィットを検証するもの

本ワークショップのテーマと基本的な流れ

・本ワークショップでは、ビジネスモデルが失敗する最も重要な原因である「ターゲット顧客と価値提案がフィットしていない」というテーマに焦点を当てます。
・ビジネスモデルをズームイン/ズームアウトすることによって、ブラッシュアップを図っていきます。
・レクチャー、ワーク、プレゼンテーションと共有の繰り返しをベースとします。
・ビジネスモデルと顧客価値に対する深い理解と洞察と同時に、第三者に対するプレゼンテーション能力の向上も狙いとします。

【本ワークショップで獲得するスキルや能力】

★ビジネスモデルの4つの次元
・Who - ターゲット顧客は誰か?何の課題やニーズを抱えているのか?
・What - そのターゲット顧客に何の価値を提供するのか?
・How - その価値提案をどのように生成および提供するのか?
・Why - なぜそれが金銭的な利益を生み出すのか?

★優れた価値提案の3つの視点
・デザイアビリティ - それは顧客が本当に望んでいるものか?
・フィージビリティ - それを生成するための能力をもっているか?
・バイアビリティ - それは自社の成長エンジンとしての十分な利益を生むか?

★優れたビジネスモデルデザイナーの4つの要件
・より広い視野でビジネスモデルを展望できること
・より近くでターゲット顧客と交流して真のニーズを発見できること
・従来の慣行、常識、ルールに対して常に疑問をもつこと
・モノゴトを組み合わせることによって新しい価値を創造すること

★プレゼンテーション能力
チームメンバー間だけでなく、上司や投資家などの第三者に対して、新規事業のアイディアや既存事業のイノベーションを論理的かつ魅力的にプレゼンテーションできることを目標にします。

【本ワークショップの受講対象者】

・ビジネスモデル思考の基礎を身に付けたい方
・ビジネスモデルのイノベーション発想方法を身に付けたい方
・顧客の真のニーズを探索する方法を身に付けたい方
・「顧客」と「価値提案のフィット」を行うためのアイディア発想力を身に付けたい方
・ビジネスモデルのプレゼンテーション能力を身に付けたい方
・ビジネスモデルの構築または再構築の基本アプローチを身に付けたい方

講座名 ビジネスモデルデザイン講座[基礎編]
日時 2016年9月14日(水) 10:00~17:30(受付開始は9:30)
場所 株式会社翔泳社1F セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5 (地図
参加料 43,200円(税抜価格40,000円)
お支払方法 クレジットカード/銀行振込
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
領収書 会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。

お申込み受付は終了いたしました。

タイムテーブル

   

※休憩は適宜、進行状況にあわせて10分前後確保します。

10:00-12:30 第一部 ビジネスモデルの理解
10:00-11:00 ビジネスモデル基礎(レクチャー)
11:00-12:30 ビジネスモデル・ワークショップ

・もし野球球団の運営を任せられたら?(テーマ設定)
・現行ビジネスモデルの描写と理解(グループワーク)
・ビジネスモデル変革のアイデア創出(グループワーク)
・ ストーリーテリング(プレゼンテーション)
12:30-13:30 昼食休憩
13:30-15:30 第二部 顧客のジョブと望ましい成果
13:30-14:10 顧客のジョブ(レクチャー)
14:10-15:30 顧客のジョブ・ワークショップ

・もし近未来のキッチンのプロデュースを頼まれたら?(テーマ設定)
・顧客ジョブの描写1(グループワーク)
・望ましい成果(レクチャー)
・顧客ジョブの描写2(グループワーク)
15:40-16:20 第三部 価値提案のデザイン
15:40-16:00 顧客プロファイルと価値マップ(レクチャー)
16:00-16:20 価値提案キャンバスの描写(グループワーク)
16:30-17:30 第四部 ビジネスモデルの完成
16:30-17:00 ビジネスモデルキャンバスの完成(グループワーク)
17:00-17:30 ストーリーテリング(プレゼンテーション)

講師プロフィール1

白井 和康(しらい かずやす)

ビジネスイノベーションハブ株式会社 代表取締役
2012年8月にイノベーションのためのビジネスの構造を考えるFacebookページ「ビジネスアーキテクチャー研究ラボ」を開始。2013年1月から2014年5月まで、ビズジェネ(現Biz/Zine/翔泳社のオンラインビジネスマガジン)に「イノベーションを可視/加速化するビジネスアーキテクチャー集中講義」というタイトルで、全29回(1年半)にわたる長期連載を寄稿。
2014年9月から3か月にわたり、「ビジネスモデルフェスティバル2014」のイベント企画から実行、講師を担当。2014年11月にビジネスイノベーションハブ株式会社を設立、代表取締役に就任。現在、IoT(モノのインターネット化)を含むデジタルビジネスモデル構築に対するコンサルティングやファシリテーションに力を入れる。株式会社サーキュレーションの主任研究員、アップサイド株式会社が手掛けるIoTrial事業のエグゼクティブアドバイザーを兼務。

お申込み受付は終了いたしました。

留意事項

  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者の参加証・代理参加者のお名刺2枚」をお持ちの上、受付までお越しください。
  • ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • イベントという商品の特性上、9月7日(水)以降のキャンセルは、参加料未納の場合においても【キャンセルフィ100%】となり、お支払いただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルおよび欠席・遅刻によるご返金等は一切お受けしておりません。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。 なお、旅費(航空券含む)や宿泊費とそれらのキャンセル諸費用については保障いたしません。
  • 会場は変更になる場合があります。その際は事務局よりご案内させていただきます。

事務局からのお知らせ

【夏季休業のお知らせ】
誠に勝手ながら、下記期間中のお問合せ窓口を休業させていただきます。期間中のお問合せに関しましては、8月17日(月)以降の対応となります。ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
夏季休業期間
2020年8月8日(土)~2020年8月16日(日)
ページトップへ