このエントリーをはてなブックマークに追加

特定人物(n=1)から“本質的な不満”を特定する5ステップとは?

「人々の不満を聞くと興奮する。それが自分にとってのチャンスだから。」
(ジャック・マー/アリババ・グループ董事長)

人々が抱える不満の解消がビジネス機会だという考えに、異論はないでしょう。しかし、ビジネスを成功に導いてくれる“本質的な不満”を見極めるのは、とても難しいものです。生活者に直接聞いて分かる表層的な不満を真に受けて、ビジネスが失敗している例が多くあります。あなたは、見当違いの“表層的な不満”に振り回されていないでしょうか?

講師は、インサイトリサーチで多くのヒット商品を裏側から支援するデコム代表取締役 大松孝弘氏。これまでデコムでは、企業のアイデア開発を700件以上支援し、その過程で、数多くのインサイト(隠れた欲望)を抽出してきました。多くのプロジェクトを通して、どのようなインサイトが人を動かしてきたかを総ざらいし、その結果を系統立てて一覧化して「欲望マンダラ」として整理し、ビジュアライズしました。

「欲望マンダラ」などを活用して、インサイトリサーチ支援で得られたノウハウを「“本質的な不満”を特定する5ステップ」として体系化した内容を講座にしました。本講座を受講すると、ビジネスを成功に導いてくれる“本質的な不満”の見つけ方、捉え方、見極め方を理解することができます。


【対象受講者(職種・お持ちの課題)】

  • 既存ビジネスのマーケティング担当者、ブランドマネージャ
  • ・コモディティ化したカテゴリーで、差別化を図ろうとするとニッチになり、多くの人に受け容れられようとすると新奇性がなくなる、というジレンマを解消したい

    ・プロダクトは大きく変えずに、インサイトから新しい顧客価値を再定義することでビジネスを伸ばしたい

    ・伸びている競合商品が売れている理由(価値のインサイト)と潜在的な不満(本質的な不満)を理解し、同質化と差別化ポイントをうまく創り上げることで、競合に勝ちたい

  • 人事、経営企画部門の方
  • ・お客様の声に耳を傾けているものの、まだ表層的な理解しかできておらず、もう一歩深い洞察ができるようにしたい

    ・社内にインサイトに関する体系化された知識をインプットして、人によってバラバラな認識を共通化したい

  • 新製品・サービス、新規事業の開発担当者
  • ・プロダクトではなく、新しいサービスやビジネスモデルによって、コモディティ化している市場でビジネスを伸ばしたい

    ・新たなカテゴリー創造につながるようなインサイトを見つけ出したい

  • 研究開発・技術部門の方
  • ・世の中の“本質期な不満”を起を起点に研究開発のテーマを作りたい

    ・技術シーズを新たな顧客価値につなげていきたいがうまくいっていない

【本講座で提供するもの】

ビジネスを成功に導いてくれる“本質的な不満”の見つけ方、捉え方、見極め方を体系的に学べます。事例に基づく理論のレクチャーと実践ワークによって、講師が700件以上の案件で培った、フレームワーク、メソッドを理解できます。

講座名 生活者の“本質的な不満”を見極める「インサイト発見」ワークショップ
日時 2019年8月20日(火)13:00~17:30(受付開始は12:30)
場所 株式会社翔泳社1F セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5(地図)
参加料 48,600円(税抜価格45,000円)
お支払方法 クレジットカード/銀行振込
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
領収書 会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。
詳細・お申込みへ



タイムテーブル

※休憩は適宜、進行状況にあわせて10分前後確保します。
※グループに分かれてワークショップを行います。

13:00-13:40 1. “本質的な不満”と“表層的な不満”の違い
- 多くの人が、見当違いの“表層的な不満”を解消しようとしている。だからうまくいかない
- 解消すべき“本質的な不満”と見当違いの“表層的な不満”を事例で解説
- なぜ、“本質的な不満”を見つけるのが難しいのか
- 行動経済学が証明した“本質的な不満”の正体
- “本質的な不満”は、人の「天使な欲望」と「悪魔な欲望」の両面で捉える

13:40-14:50 2. “本質的な不満”の見つけ方、捉え方、見極め方、“本質的な不満”を特定する5ステップ

■Step1.ある1人(n=1)のお気に入りの事象に着目する
- n=1の事象を収集するテーマの決め方
-事象の収集方法

■Step2.その価値は何か?を考える
-価値の因数分解(4つの観点)
-演習:n=1の事象の価値を書いてみる

■Step3.その価値から見たときの不満を考える
-“本質的な不満”は、価値との対比からしか紐解けない

■Step4.不満を解消するアイデアを考える
-“本質的な不満”⇒価値⇒アイデアのフレームワーク

■Step5.不満とアイデアのボリュームを検証する
-不満の検証方法
-アイデアの検証方法

14:50-15:00 休憩
15:00-16:20 3. “本質的な不満”の実践演習
-予め用意されたn=1の事象の情報と作成例をもとに、個人ワーク⇒グループワークの順でStep1~4を実際に行ってもらう
- 発表と講評
16:20-16:30 休憩
16:30-17:00 4. 手法に関するテクニカルな解説
-事例の紹介
-新奇事象リサーチの手法
-オポチュニティセッション
-インサイトリサーチの手法
-アイディエーション
-テストの手法
17:00-17:30 5. 振り返りと質疑応答
-個人・グループでの振り返りと質疑応答

講師プロフィール

大松 孝弘(オオマツ タカヒロ)

株式会社デコム 代表取締役
大手広告会社を経て、2002年デコムを創業。2006年に日本初のインサイトリサーチに関する書籍「図解やさしくわかるインサイトマーケティング」を上梓する。株式会社デコムは、設立以来、一貫してインサイトリサーチによるアイデア開発を提供。近著に『「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~』など。

留意事項

  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者の参加証・代理参加者のお名刺2枚」をお持ちの上、受付までお越しください。
  • ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • イベントという商品の特性上、8月9日(金)以降のキャンセルは、参加料未納の場合においても【キャンセルフィ100%】となり、お支払いただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルおよび欠席・遅刻によるご返金等は一切お受けしておりません。
  • 受動喫煙対策強化のため全館禁煙(電子たばこ含む)とさせていただきます。本セミナールームがある新宿区は路上喫煙禁止区域となりますので、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。 なお、旅費(航空券含む)や宿泊費とそれらのキャンセル諸費用については保障いたしません。
  • 会場は変更になる場合があります。その際は事務局よりご案内させていただきます。
詳細・お申込みへ

ページトップへ