このエントリーをはてなブックマークに追加
※『柏木先生に学ぶ、実務家のための「データ活用」徹底実践講座【オンライン】』、として開催していた講座と同一内容となります。今回は、感謝記念キャンペーンとして、受講価格を「66,000円」→「49,500円」へと価格改定を行いました!是非、この機会にご参加ください。

データサイエンス、統計学などの方法論だけでは成果は出せない! 企業向けに延べ年間3,000人以上のデータ活用をサポートする講師による、データ分析前で全ての決着がつく、データ活用リテラシーの秘訣を徹底公開!!

「AIやデータサイエンスなど、企業経営にデータ活用が欠かせない」
こんな言葉が企業の現場からは聞こえてきますが、多くの企業でデータを活用した成果が期待するほど生まれないのは何故でしょうか?

それは「データ分析とは何か?」の認識が起因しています。
(A)データ“を”分析する
(B)データ“で”対象を分析する
多くの人が、(A)という認識を持ち、そのスキルを高めるために「更なる知識や方法論の習得」を重ねてきました。ところがこのような取り組みを推進した企業や自治体が既に行き詰まりを感じで悩んでいます。

本講座では、(B)のアプローチ、すなわちデータをあくまで目的を達成するための「手段」として活用し、目的に叶った成果を出すための考え方、プロセスをじっくりお伝えします。
具体的には、以下にあるプロセスを体験いただき、データ活用リテラシーを高めていただきます。特に本プログラムでは、成果を左右する、分析作業を行う前のプロセス「A~C」について、重点的に取り扱います。


プロセスのA~Cでは、「適切なゴールの具体的な設定」「ゴールの設定を示す、指標やデータ」が鍵となりますし、成果を出せていないケースはここに重大な欠陥があります。

長年、実務家としてビジネス改革やデータを駆使した戦略策定のプロジェクトを多数リードしてきた、プロによる実務家のための徹底実践講座です。講師は、ハーバード大学院ビジネススクールにおける「Data Science for Business」カリキュラムを修了しており、プログラムに対しても、実務家としての実績や経験に加え、グローバルレベルでの最新データサイエンスの裏打ちが反映されています。

受講環境

当講座はZoomを利用したオンラインセミナーとなります。また講義中Excelによる演習を伴います。 受講にあたりまして、以下環境を事前にご用意ください。
・インターネット環境(ブラウザはGoogle Chromeを推奨)
※Internet Explorer からのアクセスはZoomが正常に動作しない場合があります。
Google Chromeのダウンロードはこちら
Zoomのダウンロード(ミーティング用Zoomクライアント)
※接続テストはこちら
・音声機器(ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン)

受講対象者

・全てのデータ分析、データ活用の基礎となる「データリテラシー」についてしっかり本質を深掘りし、身につけたい方 ・データ分析手法は学んだが、実務で成果を出すに至っていない方
・まずはグラフを作成したが、そのグラフをデータ分析に活用できない方
・既存のデータを使い、そこから何が言えるか「だけ」を考えている方
・データを使って、ロジカルに筋道立てたストーリー(結論)を作ることを目指したい方

この講座を受講すると何が修得できるか

・目的思考でのデータ活用の仕方、データや手法の選び方
・客観的で説得力のある結論をデータから導くための方法やプロセス
・データ活用を前提とした「目的」や「問題」の設定の仕方やその注意点
・AIやツールなど、分析作業自体が機械に置き換わっても、データを自分の武器として付加価値を発揮するスキル

実際に受講したお客様の声

講座の紹介動画



講座名 実務で成果を出す、5つの「データ活用力」養成講座【オンライン】
日時 2022年1月14日(金)13:00~17:20
場所 オンライン
参加料 49,500円(税込)※講座テキスト代 含む
お支払方法 クレジットカード/銀行振込/Amazon Pay
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
領収書 会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。
テキスト ご登録いただきました住所宛に【 事前に送付 】させていただきます。
※ご入金の確認が取れた方へ1月7日(金)~1月11日(火)の期間中に宅配便で発送いたします。1月11日(火)15:00以降の入金確認となる場合は、開催日までにテキストがお手元に届かない可能性があります。予めご了承ください。
※送付先が異なる場合は1月6日(木)までこちらより、お問い合わせください。
【 詳細・お申し込み 】
申し込み締切 1月11日(火)12:00

タイムテーブル

※プログラム内容は「一部変更」になる場合がございます。予めご了承ください。

事前動画 目的デザイン力
・データを“活用”するために必要なこと
・データ活用3つのレベル「グラフありき」「データありき」「目的ありき」
・「データ活用」に必要な3つの箱(分析前、分析中、分析後
※事前動画の視聴については、1月11日(火)までにメールでご案内いたします。
13:00-13:45 目的デザイン力
・「まずはデータを見る」をやめる ・データからスタートしないプロセスとは?
・分析をデザインするステップ:1.ゴール、2:現状、3:確認内容、4:データ
・ゴール設定の秘訣(抽象と具体など)
13:55-14:40 全体構成力
・成果の質を高める全体プロセスとは?
・陥りがちなポイント(方策君にならない)
 - 【演習】:実際の企業事例から着眼点を養う
14:45-15:35 現状把握・評価力
・結果や現状の良し悪しを“評価”するには
・多面的なデータ把握テクニックと評価の考え方
15:35-15:50 情報集約力
・説得力と共感を高める説明の仕方、見せ方:最後のプロセスで更に質を高めるには
16:00-16:30 要因特定力
・問題を本質的に解決するための“なぜ?”思考
・「結果の確認で終わり」にしない:“なぜ?”思考と要因をデータで特定するデータ活用法
16:30-17:15 ミニワークショップ
※受講者の人数や当日の進捗により、参加者間での小グループディスカッションを実施する可能性があります。あらかじめご了承ください。
※全体の終了時刻は、Q&Aなど含め17:20を予定しております。

講師プロフィール

柏木 吉基 (かしわぎ よしき)

データ&ストーリー合同会社代表、多摩大大学院ビジネススクール客員教授、横浜国立大学 非常勤講師

日立製作所入社。MBAを取得後、日産自動車へ。海外マーケティング&セールス部門、組織開発部ビジネス改革マネージャ等を経て2014年独立。グローバル組織の中で、社内変革プロジェクトのパイロットを務め、経営課題の解決、新規事業の提案等、数多くの実績を持ち、これらを研修の強みにしている。米国ハーバードビジネススクール「Data Science for Business」修了。
著書:『問題解決ができる! 武器としてのデータ活用術 高校生・大学生・ビジネスパーソンのためのサバイバルスキル』『「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本』(日本実業出版社)他、著書多数。

【 詳細・お申し込み 】
申し込み締切 1月11日(火)12:00

留意事項

  • 当講座はZoomを利用したオンラインセミナーとなりますので、事前に受講環境をご確認ください。
  • 受講に必要なURLは受講者1名につき1つのURLとなります。1つのURLを利用し複数名で受講することはできません。違反を発見した場合は追加請求いたします。
  • 講義内容の録画・録音・画面のキャプチャなどによる記録や利用は固くお断りいたします。また、講義や演習の資料について、無断転載・引用を禁じます。これらの違反が発覚した場合、著作権法に抵触する恐れがあり、法的措置を取る場合がございますのでご注意ください。
  • 講座で使用するテキストにつきましては、ご登録時の住所へ【 事前に送付 】いたします。ご入金の確認が取れた方へ1月7日(金)~1月11日(火)の期間中に宅配便で発送いたします。1月11日(火)15:00以降の入金確認となる場合は、開催日までにテキストがお手元に届かない可能性があります。予めご了承ください。
    送付先が異なる場合は、お問い合わせフォームより1月6日(木)までにお知らせください。
  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者氏名・代理参加者氏名」を開催前日までに事務局へメールにてご連絡ください。
  • ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • イベントという商品の特性上、1月6日(木)以降のキャンセルは、参加料未納の場合においても【キャンセルフィ100%】となり、お支払いただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルおよび欠席・遅刻によるご返金等は一切お受けしておりません。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。

ページトップへ