このエントリーをはてなブックマークに追加
※本プログラムは、これまで定期的に開催、好評を頂いていた(集合型)終日セミナーの内容に基づいています。プログラム内の大切なエッセンスを残しつつ、オンライン用に実施時間と内容にアレンジを加え提供させて頂きます。会場からの距離や時間など、物理的なハードルでこれまで受講が難しかった、という方にもお薦めです。

実務課題を「データ分析」につなげるための論理思考と、Excelだけを用いた利用頻度の高いデータ分析手法を厳選しました

多くのビジネスパーソンが業務で活用できる「データ分析」とは、どのようなものでしょうか。データサイエンティストによる高額なソフトウェアを利用して、難解な統計知識が必要なものでしょうか。
革新的なIT技術、膨大な情報量、過去の成功体験が効かない環境変化の中で、本当に必要なのはデータを使いこなす「人的スキル」です。

本講座では、多くのビジネスパーソンが日々の業務で実際に活用するための「考え方」とデータ分析の基礎的な「手法」を併せて提供します。具体的には、「6つのステップで行うデータ分析」を基本的なユニットとしています。
1:課題を適切、具体的に定義する
2:仮説アプローチを徹底する
3:課題を特定するデータ分解の軸を見極める
4:データの特徴を多面的に把握する4つの引き出しを武器にする
5:2軸の視点で、データ間の関係性に着目し、ストーリーを作る(相関関係)
6:2データの関係を数値化し具体的な実行計画に繋げる(単回帰分析)

本講座は、長年、実務家としてビジネス改革やデータを駆使した戦略策定のプロジェクトを多数リードしてきた、プロによる実務家のための徹底実践講座です。
分析手法をいくら学んでも、データはあっても使えなかったのは、「課題」と「データ(分析)」をつなぐ思考法ができていなかったから。「データ分析のやり方」だけを伝えるのではなく、「データ分析の活用の仕方」に徹底してこだわったプログラムです。
この点において、よくある「データ分析講座」とは一線を画す、特別セミナーです。他では受けられない、プロの実務家ならではの内容のため、多くの受講者から「目から鱗」という評価を頂いています。

■受講環境

当講座はZoomを利用したオンラインセミナーとなります。また講義中Excelによる演習を伴います。 受講にあたりまして、以下環境を事前にご用意ください。
・インターネット環境(ブラウザはGoogle Chromeを推奨)
※Internet Explorer からのアクセスはZoomが正常に動作しない場合があります。
Google Chromeのダウンロードはこちら
Zoomのダウンロード(ミーティング用Zoomクライアント)
※接続テストはこちら
・音声機器(ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン)
・Excel(2010以降)※WindowsでもMacでも

■受講の前提条件

以下のスキルをお持ちの方を対象とします:
・Excelで四則演算ができる
・Excelで基本的なグラフ作成ができる(棒グラフ、折れ線グラフ)
・Excelの関数の使い方を知っている(関数そのものの知識は不要です。入力方法のみ)

■受講対象者

・業務データはあるが、それが活用されていない(するやり方が分からない)と感じている方
・今までのやり方、勘と経験だけの判断に行き詰まりを感じている方
・上司や顧客に対して、説得力ある客観的な提案、説明ができていないという課題をお持ちの方
・データ分析手法は学んだが、実務で成果を出すに至っていない方
・BIツールなど道具は揃えたが、データ活用できていないと感じている方

■この講座を受講すると何が修得できるか

実務でデータを活かせる(=データ分析に基づいた客観的な意思決定や提案ができる)
具体的には、
・目的や問題解決のためのデータ活用プロセスを修得します
・仮説に基づいたデータ分析活用の考え方を修得します
・実績や結果のグラフ化など、データ整理しかできていない人が、結果に至る背景や要因までをデータから導くテクニックを修得します
・“結果”ではなく“結論”を出すための考え方やテクニックを修得します

講座名 「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座~実務課題とデータ分析をつなげる思考法~【オンライン】
日時 2020年10月16日(金)13:00~17:00
場所 オンライン
参加料 60,000円+税 ※テキスト代含む
お支払方法 クレジットカード/銀行振込/Amazon Pay
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
領収書 会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。
テキスト ご登録いただきました住所宛に【 事前に送付 】させていただきます。
※ご入金の確認が取れた方へ10月9日(金)~14日(水)の期間中に宅配便で発送いたします。10月13日(火)15:00以降の入金確認となる場合は、開催日までにテキストがお手元に届かない可能性があります。予めご了承ください。
※送付先が異なる場合は10月8日(木)までこちらより、お問い合わせください。
【 詳細・お申し込み 】
申し込み締切 10月13日(火)12:00

タイムテーブル

※プログラム内容は「一部変更」になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00-13:40 1. 「データ整理」から「データ分析」へ
データ活用、分析に必要な考え方について学びます
 ・「データ整理」と「データ分析の違い」とは
 ・「データ分析」に必要な思考プロセスと3つの問いかけ
 ・データ分析における仮説とは
13:40-15:25 2. 課題ポイントを特定する
3. データの特徴を多面的に捉える

データによる全体像の把握、評価、課題の絞り込みについて学びます
 ・課題絞り込みのための仮説の作り方
 ・データの多面的な捉え方
 ・多面的な評価の組み合わせから結論を導く
15:25-16:50 4. 2つのデータから意味を見出す(相関)
5. データの関係を数値で示す(回帰分析)

結果や実績確認で終わらせず、その要因や背景をデータで探る方法を学びます(相関、回帰分析)
 ・データ間のつながりから、アクションの提案へ
 ・要因の仮説から分析につなげる
 ・関係性を数値化する分析手法
16:50-17:00 Q&Aほか

講師プロフィール

柏木 吉基 (かしわぎ よしき)

データ&ストーリー合同会社代表、多摩大大学院ビジネススクール客員教授、横浜国立大学 非常勤講師

日立製作所入社。MBAを取得後、2004年日産自動車へ。海外マーケティング&セールス部門、組織開発部ビジネス改革マネージャ等を経て2014年独立。グローバル組織の中で、社内変革プロジェクトのパイロットを務め、経営課題の解決、新規事業の提案等、数多くの実績を持ち、これらを研修の強みにしている。
著書:『問題解決ができる! 武器としてのデータ活用術 高校生・大学生・ビジネスパーソンのためのサバイバルスキル』『「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本』(日本実業出版社)他、著書多数

【 詳細・お申し込み 】
申し込み締切 10月13日(火)12:00

留意事項

  • 当講座はZoomを利用したオンラインセミナーとなりますので、事前に受講環境をご確認ください。
  • 受講に必要なURLは受講者1名につき1つのURLとなります。1つのURLを利用し複数名で受講することはできません。違反を発見した場合は追加請求いたします。
  • 講義内容の録画・録音・画面のキャプチャなどによる記録や利用は固くお断りいたします。また、講義や演習の資料について、無断転載・引用を禁じます。これらの違反が発覚した場合、著作権法に抵触する恐れがあり、法的措置を取る場合がございますのでご注意ください。
  • 講座で使用するテキストにつきましては、ご登録時の住所へ【 事前に送付 】いたします。ご入金の確認が取れた方へ10月9日(金)~14日(水)の期間中に宅配便で発送いたします。10月13日(火)15:00以降の入金確認となる場合は、開催日までにテキストがお手元に届かない可能性があります。予めご了承ください。
    送付先が異なる場合は、お問い合わせフォームより10月8日(木)までにお知らせください。
  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者氏名・代理参加者氏名」を開催前日までに事務局へメールにてご連絡ください。
  • ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • イベントという商品の特性上、10月9日(金)以降のキャンセルは、参加料未納の場合においても【キャンセルフィ100%】となり、お支払いただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルおよび欠席・遅刻によるご返金等は一切お受けしておりません。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。

ページトップへ