B-1【中止】 03/04 13:00 ~ 13:40
つながり続けるための、EC、デジタル、そして未来のお店

D2Cがバズワード化しているように、「お客様とつながり続けること」が注目されています。とくに実店舗を持つ小売企業にとって、ECを中心としたデジタル、実店舗を中心としたアナログを使いこなすことが不可欠です。
つながり続けるための、EC、デジタル、そして未来のお店とは。ウェブ対談『コメ兵・藤原の「オムニチャネルの次の話をしよう」』の続編として、もっと詳しく説明してほしかったこと、話足りなかったことをリアルな場で対談いただきます。

[対談記事]
覚悟を決めた「渋谷スクランブルスクエア」旗艦店とは 中川政七商店・緒方さんとお店の話をしよう
「全体発信×個店」CRMの時代が来る 中川政七商店・緒方恵さんとお店の話をしよう

本セッションは、登壇者所属企業のガイドラインに従い登壇ができなくなり、中止になりました。(2/28)


緒方 恵 [中川政七商店]

株式会社中川政七商店
取締役 兼 コミュニケーション本部 本部長

東急ハンズにてバイヤー、ビジュアルマーチャンダイザーを経てWEBチームに異動。 ECサイト運用から始まり、その後様々なWEB/デジタル施策の開発及び運用を統括担当。 2016年8月、株式会社中川政七商店にWEB/デジタル領域全てを統括する執行役員/CDOとして入社し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進。 2018年3月より、取締役に就任し、DX推進に加え、店舗販売事業などを含めた全顧客接点を統括。 第7回WEBグランプリ WEB人賞 受賞。

藤原 義昭 [コメ兵]

株式会社コメ兵
執行役員 マーケティング統括部部長

1999年コメ兵入社。ジュエリー部門の鑑定査定業務を経て、Eコマース立ち上げを行う。その後デジタルマーケティング、Eコマース事業を行うWEB事業部新設時責任者として赴任、その後情報システム部門を部門傘下に置き、全社のITとデジタルを率いる。2016年に全社マーケティング担当統括者として、リアル店舗とEコマース両方をつなげるオムニチャネル戦略を推進しながら、全社の事業推進を裏方として支えている。