B-6 03/04 17:20 ~ 18:00
元トップ販売員が伝える~つながりを生むInstagramの活用法~

「ブランドの発信に価値」がある訳ではなく、「何を知ることができるのか」が最重視されるInstagram。どこに行くにもスマホが手放せなくなった今、常に「新しい情報に出会える場」として活用されているInstagramの中で、企業は生活者を想った「有益でかつワクワクする情報」をコンスタントに発信できているだろうか?このセッションでは、リアル店舗とECでは拾いきれない「新たな顧客様との出会い方」から、「つながり続けるために必要なこと」を元トップ販売員であったからこそわかる“現場目線の視点”と“生活者の視点”を踏まえた「つながりを生むInstagramの活用法」をお伝えいたします。

艸谷 真由 [grams]

株式会社grams
代表取締役

1991年大阪生まれ。【「こだわりが収入になる!」インスタグラムの新しい発信メソッド】(同文舘出版)の著者。大学時代にアパレル販売の仕事にのめり込み、卒業後は株式会社 STUDIOUS(現:株式会社TOKYOBASE) へ入社。入社3ヶ月目に全社員の月間個人売上1 位。新卒1年目に店長に抜擢され年間最優秀新人賞なども受賞。退職してから2年後、専業主婦となってからインスタグラムをはじめ、10ヶ月で1万フォロワーを達成。自身で培ったノウハウを基に、マーケティング支援・コンテンツ企画の株式会社gramsを創業。アパレル販売員×SNSという新しいキャリア形成と、ファンコミュニティをインスタグラム内で作り上げ、「誰もがワクワクする世界」の実現を目指している。