躓きやすいポイントを半日で速習 演習で“使える技術”に昇華

 生成AIをはじめ、様々なテクノロジーが日々進化していく中、多くの企業が差別化や効率化などを図るため、これらの進化に追従し変革を進めようと取り組んでいます。

 一方、企業のデジタル化が進み様々な種類のデータが急速に生み出されたことでデータ量が膨大になり、データのサイロ化、ブラックボックス化、煩雑化などといったデータの課題はより顕著になってきました。これらの課題を解決する道筋は見えず、本来達成すべきDXに“赤信号”が点る状態に陥っている企業がほとんどです。

 こうした状況の多くは、DXやデータ活用の本質的な目的や重要性を理解していないことに起因していると言えます。目的や重要性を理解していても、「データマネジメント」の進め方を理解していないが故に、データを収集・整備し、利活用させる環境を整えることができず、データドリブンを推進できていない企業も少なくありません。

 AI活用が本格化する昨今において、本セミナーでは、中堅・大手事業会社の情報システム部門のマネージャー、経営層の方向けに、データマネジメントを導入する価値の理解から、自社に戻った後に実践できる戦略立案のノウハウを半日で伝授します。

 参加者同士のディスカッションや講師からのフィードバックを通して、学んだ知識を実用的なものに昇華します。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。


お申し込みはこちら
受付締め切り:2024年8月30日(金)12時まで

受講することで習得できること

  • 自社のデータマネジメントの現状分析と課題把握ができる
  • データマネジメントを推進する戦略策定のやり方がわかる
  • DMBOKに基づくプロが実践する手法を伝授

こんな方におすすめ

  • データマネジメント組織の立ち上げを考えている方、立ち上げたばかりの組織で戦略策定をしている方
  • データ活用の必然性は理解しているが、自社での進め方がわからない方
  • データ基盤を整備するなど環境を整えたが、本質的な課題解決に至っていないとお悩みの方

講座のポイント

  • 基本的なデータマネジメントの考え方やポイントは事前学習教材として提供
  • 自社がどのような立ち位置にいるのか、データ活用の成熟度をチェック
  • データマネジメントの推進で企業が躓きやすいポイントを取り上げ、課題解決の戦略を演習

プログラム(13:00~18:00)

13:00~13:30
  • 基礎編(事前学習資料)のポイントを解説
  • 質疑応答
13:30〜15:10
  • データマネジメント実践編の解説
  • (1)データマネジメント施策策定に関する基本的な考え方
    (2)データマネジメント施策策定に関する基本的な推進手順
    (3)データマネジメント施策策定
          1.アセスメント実施
          2.実現すべき姿の検討
          3.ロードマップ
15:10〜15:40
  • 演習①:データマネジメント・アセスメント
  • ・実際の事例をもとにデータマネジメント、アセスメントを解説
    ・グループごとにアセスメントシートにしたがって実践
15:40〜17:10
  • 演習②:データマネジメント戦略の策定
  • ・ユースケースを解説したのち、グループごとに実際に戦略作成
    ・演習中は講師が周回し、都度フォロー
17:10~17:40
  • グループ発表&講評
17:40~18:00
  • 振り返り、Q&A
お申し込みはこちら
受付締め切り:2024年8月30日(金)12時まで

受講者特典

講義のPDF資料をプレゼント!


講師紹介

小林 靖典

株式会社クニエ
シニアマネージャー

ITコンサルタントとして、システム企画、提案依頼書策定、要件定義分野から、データマネジメント/データガバナンス(データアーキテクチャ、MDM、データHUB、DL/DWH/BI、メタデータ管理、データ品質管理、データガバナンス組織構築、制度策定など)の分野で多数の実績を有する。 クニエでは、データマネジメント、データガバナンス分野の専門家として、データ戦略策定、データマネジメント構想策定、データプラットフォーム実現のためのデータマネジメント全般支援、データガバナンス組織構築支援、データマネジメント教育などに携わる。

EnterpriseZine連載
「次世代データマネジメント」推進に向けたデータアーキテクチャを探る
変革を実現させるための『データガバナンス』──DXやCX、データ活用へ向けて



開催概要

講座名 実例から学ぶ!データマネジメント実践講座
~真のデータドリブンを成し遂げるための道標を得る~
日時 2024年9月4日(水)13:00~18:00
会場 株式会社翔泳社1F セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5 (地図
受講料 59,400円(税込)※講義資料PDF代含む

※2名以上のお申込みは5%割引、5名以上で10%割引とさせていただきます。2名以上の場合、カートに入れると自動的に5%割引になります。 5名以上の場合は、フォームよりお問い合わせをお願いいたします。
定員 16名(定員に達し次第締め切りとさせていただきます)
支払方法 クレジットカード/銀行振込/Amazon Pay
銀行振込をご希望の方は、1、2営業日以内に請求書をPDF形式でお送りいたします。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
適格請求書(インボイス) 適格請求書発行事業者登録番号の確認やインボイスの発行については、こちらをご確認ください。
領収書 会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、すぐに出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。
修了証明書 講座終了後の翌日以降に会員メニューから発行することが可能です。出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。
主催 株式会社翔泳社 EnterpriseZine編集部
お申し込みはこちら
受付締め切り:2024年8月30日(金)12時まで

よくある質問

お申込みは翔泳社の直販ECサイトSEshopからお手続きください。 お支払いが完了すると「参加証のご連絡」メールが参加者の方へ送信されます。その後、事務局より受講方法をメールでご案内します。

  • オンライン講座:開催前日にZoomURLをご案内
  • オンデマンド講座:視聴専用ページのURLと認証キーをご案内(参加証なし)
  • リアル開催の講座:開催前日に会場・お持物等についてご案内   

※ご案内は講座ごとに異なりますのでご了承ください。

お申込み手続きの中で実際の参加者情報を入力する項目がありますので、こちらへ参加者情報をご入力ください。参加者宛てに「参加証のご連絡」「事前アンケートのお願い」メールが送信されます。

カート画面で参加人数分の数量に調整してお申込みください。 なお、一度にお申込み可能な上限は講座ごとに異なります。

キャンセル期限内であれば可能です。 期限については、講座詳細ページの「留意事項」をご確認ください。 また、ご本人が出席できない場合、代理参加も可能です。その場合は「お申込者氏名・代理参加者氏名」を開催前日までに事務局へメールにてご連絡ください。

PDF形式で発行し、1から2営業日以内にメールでお送りします。 なお、原則、会期前のご入金をお願いしておりますが、法人のお客様で後払いをご希望の場合はお支払い時期のご相談を承ります。お支払ターム(月末締め翌月末払いなど)をご入力の上、お問い合わせフォームからご連絡ください。

決済処理から1か月以内であれば会員メニューからPDF形式でダウンロード可能です。期限を過ぎている場合はお問い合わせフォームご注文番号をご入力の上、ご連絡ください。

講座修了日から3か月以内であれば会員メニューからPDF形式でダウンロード可能です。詳しい発行方法についてはヘルプページをご確認ください。


留意事項

※下記をご必読の上、お申込みくださいますようお願い申し上げます。


お問い合わせ