【S-1】特別講演どうなる?これからのニッポンのセキュリティ、ニッポンの個人情報

調整中

鈴木 正朝 [新潟大学]

新潟大学
法学部 教授(情報法)

1962年生。中央大学大学院法学研究科修了、修士(法学)。情報セキュリティ大学院大学修了、博士(情報学)。政府のパーソナルデータに関する検討会委員、経済産業省の個人情報保護法ガイドライン委員会委員、厚生労働省の社会保障SWG委員等を務める。



高木 浩光 [産業技術総合研究所]

独立行政法人産業技術総合研究所
セキュアシステム研究部門 主任研究員

1967年生。1994年名古屋工業大学大学院工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。通商産業省工業技術院電子技術総合研究所を経て、2001年より産業技術総合研究所。2005年情報セキュリティ研究センター主任研究員。2012年より現職。2013年7月より内閣官房情報セキュリティセンター(NISC:現 内閣サイバーセキュリティセンター)併任。コンピュータセキュリティに関する研究に従事。



山本 一郎 [イレギュラーズアンドパートナーズ]

イレギュラーズアンドパートナーズ株式会社
代表取締役

1973年東京生まれ、1996年、慶應義塾大学法学部政治学科卒。2000年、IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作を行うイレギュラーズアンドパートナーズ株式会社を設立。ベンチャービジネスの設立や技術系企業の財務・資金調達など技術動向と金融市場に精通。著書に『ネットビジネスの終わり』『投資情報のカラクリ』など多数。