Webマーケティングの基礎を体系的に2日で学ぶ!

生活者やビジネスのデジタルシフトが急激に進み、Webマーケティングに取り組む企業の裾野も拡大を続けています。
同時に、マーケターが業務で必要とされる知識も、「マーケティングの概念」「データを読み解く力」「戦略立案」「Web分析とPDCA」「ネット技術の基礎理解」「サイト構築&運営」「集客プランニング」「メールマーケティング」と拡大を続けています。
そこで本講座では、社内研修では学ぶことが難しいWebマーケティングの幅広い知識を、手法別ではなく体系的に学べるカリキュラムで構成。2011年を皮切りに、全国からご参加いただいている、ロングセラーの人気講座です。
本講座の全9コマそれぞれの担当講師は、MarkeZineが自信を持ってオススメする実務の最前線で活躍されている一流のプロフェッショナルです。断片的な知識を有機的に結び付け、実践できるマーケターになるためのステップとして、本講座をご活用ください。

1.Webマーケティングの考え方
2.マーケティングに必要なデータの読み解き方
3.BtoCのWebマーケティング戦略
4.BtoBのWebマーケティング戦略
5.ウェブ分析とPDCA
6.インターネット技術の基礎
7.ウェブサイト構築
8.集客プランニング
9.メールマーケティング


  • 範囲が広すぎて何から勉強したらいいかわからない!
  • Webマーケティングに新たに取り組む
  • 独学で勉強しているものが正しいのかどうかを確認したい
  • 個別手法ではなく体系的な理解を深めたい
  • Webマーケティングの戦略をゼロから見直そうとしている
  • 部下の教育のために、基礎から勉強し直したいリーダー
10:30~ Webマーケティングの考え方
  • デジタルの功罪:マーケティングの巧拙
  • 基本的なマーケティングアクション:データ&インサイト
  • B2C:社会のモメンタムによる初心者の流入
  • B2B:購買決定の関与者に限らず社会にアプローチすることの波及効果
  • Webマーケティング担当者としての仕事=イシュー
大橋聡史講師:大橋聡史(株式会社xpd コンサルタント/クリエイティブサイエンティスト)
本質性×先進性を標榜するマーケター/クリエーター。ADKで20年超に渡り「人を動かす」施策を実践。その後IMCブティックで価値創造コンサル、マーケティングコンサルファームで脳科学・センサー技術を用いたクリエイティブサイエンス及びマス・デジタルミックスモデルのコンサル、IoT企業でGMとして次世代マーケティングモデルの開発と2件の特許取得を経て、Quark tokyo(2021年1月よりxpdに改組)で、戦略×クリエイティブ×データを実践。並行してADK Creative Oneへの常駐コンサルを稼働中。著書に「届くCM、届かないCM」等。
11:45~ お昼休憩

12:45~ マーケティングに必要なデータの読み解き方
  • データの読み方の基本
  • データは組み合わせで見る
  • データをどう解釈するか
川畑隆幸 講師:川畑隆幸(株式会社アイ・エム・ジェイ 執行役員、デジタルハリウッド大学 非常勤講師)
システムエンジニア、医療システムコンサルタントなどを経て2006年ユニークメディア(現IMJモバイル前身)に入社。プロデューサー、ディレクター、プロジェクトマネージャーなどを経験後、組織マネージメントに従事し、現在に至る。顧客ロイヤルティを測定するNPSをコンサルティングする認定資格、Net Promoter(R) Certified Associateの資格保有者。共著に『ユーザー視点でつくる 携帯サイト制作の基礎知識』(BNN新社)、『スマートフォンサイト設計入門』(技術評論社)がある他、講演やセミナーなど多数。
13:40~ BtoCのWebマーケティング戦略
  • 世の中の変化と、消費者の変化
  • オムニチャネルの定義
  • LTVを重視する
  • BtoCマーケティングの基本的な流れ
  • デジタルで見える化した顧客軸でPDCAをまわす
逸見光次郎講師:逸見光次郎(株式会社CaTラボ代表 オムニチャネルコンサルタント)
1970年東京生まれ。学習院大学文学部史学科卒。1994年三省堂書店入社。1999年ソフトバンク入社。eS!Books立ち上げ(現セブンネットショッピング)2006年Amazonジャパン入社。Booksマーチャンダイザー。2007年イオン入社。ネットスーパー立ち上げと全社デジタルビジネス戦略担当。2011年キタムラ入社執行役員EC事業部長としてオムニチャネル化を推進。2017年 コンサルタントとして独立。経営、業務、ITまで含めた全体最適のオムニチャネル化支援を行う。現在はプリズマティクスアドバイザー、デジタルシフトウェーブパートナー、流通問題研究協会特別研究員、日本オムニチャネル協会理事、ピアリビング取締役、EVOCデータマーケティング取締役、資さんうどん通販課長を兼務。
14:55~ BtoBのWebマーケティング戦略
  • BtoBにおけるターゲットの捉え方
  • Webマーケティング戦略の変遷
  • 法人営業強化のための戦略立案の枠組み
  • 戦略立案に関わる基礎用語
渥美英紀講師:渥美英紀(株式会社ウィット 代表取締役)
BtoBのさまざまな業界の売上アップ・ブランド強化・営業改善など200以上のプロジェクトを担当。特にリード獲得や売り上げアップに高い成功確率を誇り、2009年にノウハウをまとめた『ウェブ営業力』(翔泳社)を執筆、2011年に 『Webマーケティング基礎講座』(翔泳社)を共著にて出版。アクセスログ解析システム、メール配信システムなどの開発も手掛けたことから、ウェブマーケ ティングの遂行に不可欠かつ広範囲な分野について専門性を生かした"総合的"かつ"現場に根差した"ウェブマーケティング支援を得意とする。
16:20~ ウェブ分析とPDCA
  • ウェブ解析の役割と目標設定
  • データから気づきを発見するための方法
  • 改善施策の考え方
  • PDCAサイクルを回すための取組
小川卓講師:小川卓(株式会社HAPPY ANALYTICS 代表取締役社長)
ウェブアナリストとしてリクルート、サイバーエージェント、アマゾンジャパン等で勤務後、独立。ウェブサイトのKPI設計、分析、改善を得意とする。ブログ「Real Analytics」を2008年より運営。全国各地での講演は500回を突破。HAPPY ANALYTICS代表取締役、デジタルハリウッド大学院客員教授、UNCOVER TRUTH CAO、Faber Company CAO、日本ビジネスプレスCAO、SoZo最高分析責任者、ニフティライフスタイル 社外取締役、ウェブ解析士協会顧問。ウェブ解析士マスター。著書に『ウェブ分析論』『ウェブ分析レポーティング講座』『マンガでわかるウェブ分析』『Webサイト分析・改善の教科書』『あなたのアクセスはいつも誰かに見られている』『「やりたいこと」からパッと引けるGoogle アナリティクス 分析・改善のすべてがわかる本』など。

プログラム 2日目


13:00~ SaaS時代に知っておきたい、インターネット技術の基礎
  • 困った時のケーススタディ
  • ウェブサイトの仕組み
  • サーバー/ネットワークに関する基礎知識
  • セキュリティ/クラウドの動向
松田昭穂講師:松田昭穂(株式会社スカイアーチネットワークス 営業本部 部長)
20年来IT業界で、コンサルティング業務に従事。サーバー基礎セミナーの講師等を務め、2001年スカイアーチネットワークスの設立に参画。以来、サーバー/ネットワークコンサルタントとして、100社を超えるシステム構築に従事、安定運用に導く。複数台の負荷分散構成のシステムを数多く手がけ、自ら、Linuxコマンドを叩き、問題解決を図ることも。近年は、クラウド導入案件が増え、クラウドやHadoopのサービス化のプロジェクトを率いる。セキュリティ責任者を兼務し、約1,000台のサーバーにおける、技術面、物理面、技術面、体制・規定面の管理の指揮を執る。また、創業メンバとして、インフラエンジニアを多数育成。サーバー/ネットワーク技術のみならず、市場環境、業界知識、リスク管理等、幅広い分野での社員教育に携わる。
14:10~ ウェブサイト構築
  • Webの果たす役割 トレンドとキーワード
  • Web構築プロジェクト計画とRFP作成
  • 制作会社の選定と見積もりの精査
  • 制作ワークフローと発注側の役割
井上龍貴講師:井上龍貴(株式会社ロフトワーク プロデューサー)
1988年、大分県生まれ。2020年にロフトワークへ入社し、大学・企業等の多数のクライアントからの要望に対してWeb制作/リニューアルプロジェクトの企画提案を実施。直近で実行したプロジェクトとしては、XR表現の体験プラットフォーム「ULTRA TOUR」、国産材の構造や内装などに用いた特徴的な施設や店舗紹介サイト「きになるところ、木のあるところ。お出かけナビ」がある。
15:20~ 集客プランニング
  • インターネット広告の種類と特徴
  • ウェブサイトを越えた集客の全体像
  • プランニングの例
  • 集客評価のフレームワーク
鈴木一志 講師:鈴木一志(株式会社博報堂 マーケティングシステムコンサルティング局 第一グループ ビジネスプロデューサー)
各省庁から金融、流通、エンタメ系までジャンルを問わず、IT関連の幅広い業務を経験。最近のメインフィールドはデジタルトランスフォーメーション(DX)構想及び統括PMとしてのデジタルマーケティング戦略策定。現状分析から要件定義、情報デザイン、システムデザイン、実運用までをトータルにプロデュースすることで、ITの効果と可能性の最大化を目指している。
16:40~ メールマーケティング
  • メールマーケティングとは何か
  • メールマーケティングの目的
  • メールマーケティングの効果検証と分析の考え方
  • メールマーケティングの成り立ちと今後のトレンド
  • 明日から使えるポイント
吉澤和之 講師:吉澤和之(awoo Japan株式会社 VPoBD 執行役員)
フリーライターからキャリアを始め、創刊誌の初代編集長を務める。その後広告代理店でクリエイティブデイレクターを経験した後、外資系マーケティングオートメーション企業に転職。Business Architectとして新規事業・事業開発などを担当。その後独立し、各SaaS企業の事業コンサルティングを行う傍ら、ニューヨーク発のIT企業MovableInkの日本進出支援、Repro株式会社にてCBDOを経験。20年6月、台湾発AI×MarTechスタートアップ企業awoo Japanの日本統括役員に就任。
17:45~ 座談会&質問タイム ※リアルタイムで行います
ニューノーマル時代の変化を読み解き、アクションにつなげる

生活者の購買行動や価値観が大きく変わった2020年、企業の顧客接点をつかさどるマーケティング部門には、その変化に対応していくけん引役として期待が寄せられています。

BtoC/BtoBマーケティングの双方において、急速にデジタルシフトが進む顧客のニーズに合わせて、戦略と戦術を再定義し、実行していく重要性が急速に高まっています。

座談会では、業界の変化を示すデータを紹介しながら、最先端で時代の変化を読み解き、実践を続ける2名の講師の視点から、企業やマーケティングの現場で起きている変化を共有します。そして、これまでの定説が通じない環境でも、身に着けておくべきスキルや視点を探ります。

また、座談会では、申込時や講座内で聴講者の皆様にいただいた質問に対して、講師のお2人に回答いただきます。また、座談会の間にリアルタイムで直接質問することも可能です。
ぜひこの機会をご活用ください。

本講座は収録動画をZoomで配信するオンラインセミナーです。詳細は受講環境をご確認ください。

■オンライン講座のメリット
  • どこからでも参加可能!
  • 一斉受講方式なので、集中して短期間でスキルを習得。
  • 講義終了後には講師がライブで登場し、質問にその場でお答えします。
  • 理解を一層深めることが可能・後学にも役立つ、PDF資料をプレゼント!
講座名 2日で分かるWebマーケティング基礎講座
日時 2021年9月15日(水)10:30~17:30(1時間の休憩含む)
2021年9月16日(木)13:00~18:30
※終了時間が延長になる可能性があります
場所 オンライン
参加料 101,200円(税込)
特典 ・オリジナルテキスト(PDF)
・MarkeZine Academy 用語集(PDF)
開催1週間前ごろにメールにて送付いたします。
お支払方法 クレジットカード/銀行振込/Amazon Pay
銀行振込をご希望の方は、ご登録の住所に請求書を郵送させていただきます。
請求書発行日より10営業日以内のお振込みをお願いいたします。
領収書 会員メニュー > 注文履歴 > [領収書出力]から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらをご確認ください。

お申込み受付は終了いたしました。

大橋聡史
「2日で分かるWebマーケティング基礎講座」について、MarkeZineにてインタビュー記事が掲載されました! 初日のトップバッターとして「Webマーケティングの考え方」に登壇いただいている大橋さんにお話を伺いました!記事を読む


渥美英紀
「BtoBのWebマーケティング戦略」についてウィットの渥美さんにご自身の失敗から学んだBtoBマーケティングに取り組む際のスタート地点についてお話いただきました! 講座でどんなことが学べるのか、どういった方に向いているのかがわかりやすくまとまっていますのでご覧ください!記事を読む

鈴木一志
「集客プランニング」について鈴木さんに集客におけるプロジェクトのマーケティング全体を俯瞰した本講座についてお話をうかがいました!記事を読む




小川卓
「ウェブ分析とPDCA」についてHAPPY ANALYTICSの小川さんにデータ分析の基本と本講座についてお話をうかがいました!記事を読む
  • 本講座は、環境に配慮して、デジタルデータ(PDF)のみの配布とさせていただきます。
    開催1週間前ごろにメールにて送付いたします。
    資料は、全講座合わせて500ページ以上ございます。
    講座当日は、モニターやタブレットなどの別端末で資料をご覧いただくと、講義に集中できると思います。
  • Zoomを利用したオンラインセミナーとなります。
  • パソコンやタブレット等をご用意ください。
  • インターネット環境(ブラウザはGoogle Chromeを推奨)をご用意ください。
    ※Internet Explorer からのアクセスはZoomが正常に動作しない場合があります。
    Google Chromeのダウンロードはこちら
  • Zoomのダウンロード(ミーティング用Zoomクライアント)をお願いします。 ※接続テストはこちら
  • 音声機器(ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン)をご用意ください。
  • 講義は、動画の再生となります。座談会&質問タイムは、リアルタイムで行います。
  • 当講座はZoomを利用したオンラインセミナーとなりますので、事前に受講環境をご確認ください。
  • 講義内容の録画・録音・画面のキャプチャなどによる記録や利用は固くお断りいたします。また、講義や演習の資料について、無断転載・引用を禁じます。 これらの違反が発覚した場合、著作権法に抵触する恐れがあり、法的措置を取る場合がございますのでご注意ください。
  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルは9月7日(火)までお受けいたします。なお、すでにご入金済みの方は全額返金いたします(返金手数料は参加者様負担)。それ以降のキャンセルおよび当日の欠席・遅刻・早退による返金等は一切お受けしておりません。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者氏名・代理参加者氏名」を開催前日までに事務局へメールにてご連絡ください。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。

新着情報