EC事業者のための
新コミュニケーション術

マーケティングオートメーションやカゴ落ちの大ブームもひと段落。各社クリエイティブやタイミングを追究したり、カゴ落ち専門ツールからマーケティングオートメーションにグレードアップしたりといったふうに活用を深めていっているようです。そんな中、やはりコミュニケーションのキモになるのはメールとLINE。マーケティングオートメーション時代に、このふたつでどのようにシナリオを設計し、新しいコミュニケーションを行っていくのか。トレンドと具体的なノウハウを学んでいただくことで、明日から新しいECの接客コミュニケーションを実践していただける講座です。

講座のお申込はこちら
季刊ECzineの年間定期購読申込者は講座が20%OFF!

マーケティングオートメーションの最新事情を知りたい人

メールマーケティングにおける根幹となる、ステップメールについて学びたい人

LINE公式とLINE@の違い、便利なツールなどLINEの重要ポイントをおさえたい人

第1部 13:00-14:00
ECで効果を上げるマーケティングオートメーション活用法

・MAとは何か(何でないか)を正しく理解する
・国内ECでの導入活用状況
・MA導入でよくある失敗
 導入するだけでは効果は上がらない
・ECで効果を上げるための活用法
 「鉄板施策」とPDCAの回し方
・成功事例のご紹介

株式会社ディレクタス
代表取締役
岡本 泰治

株式会社リクルートを経て1993年ディレクタスを設立。航空会社や自動車メーカーなど大手企業のEメールマーケティング戦略を立案・実行し、近年ではマーケティングオートメーション(MA)導入支援や、MAと連繋し顧客とリアルタイムな対話を実現するチャットボットサービスをスタート。著書に『BtoC向けマーケティングオートメーション CCCM入門』『ケースで学ぶ マーケティングの教科書』がある。

第2部 14:10-15:40
EC事業者のためのステップメール活用術

・ステップメールとメールマガジンの違い
・ステップメールの活用事例
・成功するステップメール 5つのポイント
 1)実は、品揃えと価格設定がいちばんのキモ!
 2)顧客ポートフォリオを設計する
 3)CRMマップでコミュニケーションの全体像を描く
 4)シナリオ設計は、対面接客をイメージする
 5)読んでもらえるステップメールを書くコツ

株式会社グリーゼ
代表取締役
江島 民子

人気企業のメールマガジンを多数手掛ける「人の心を動かすメールマガジン」のプロ集団、株式会社グリーゼ代表。日本オンラインショッピング大賞審査員、SOHOホームページ大賞審査員などを歴任。マイクロソフト社の社会貢献事業「女性起業UPルーム」初代コーディネーター。全国1535ヶ所で実施された創業塾・経営革新塾の受講者アンケート調査では『講師満足度日本一』の評価を受けている。

第3部 15:50-17:20
EC事業者向けLINEコミュニケーション術

・EC市場のトレンド
・LINE概況
・LINEビジネスコネクトとは
・EC事業者向け活用事例(公式アカウント・LINE@)
・今後の方針

LINE株式会社
大内田 喜一

2013年LINE株式会社入社。様々な業種/業態の企業様への広告営業経験を経て、2016年より法人向けLINEアカウントビジネスの事業企画をメインに担当している。

お申込はこちら
2017年7月13日(木)開催

講座名 MA時代のメール・LINE活用講座
日時 2017年7月13日(木)13:00~17:20 受付開始は12:30~
定員 20名
会場 株式会社翔泳社 セミナールーム
〒160-0006 東京都新宿区舟町5
参加特典 オリジナルテキスト
参加料 58,320円(税抜価格54,000円)
注意事項
  • 都合によりセミナー内容の一部が変更となる場合がありますので、ご了承願います。
  • 定員に達し次第、申込受付を締切らせていただきます。
  • ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込者の参加証・代理参加者のお名刺2枚」をお持ちの上、受付までお越しください。
  • ご入金後のキャンセルはお受けいたしかねますのでご了承ください。
  • イベントという商品の特性上、7月6日(木)以降のキャンセルは、参加料未納の場合においても【キャンセルフィ100%】となり、お支払いただきます。
  • 参加者様のご都合によるキャンセルおよび欠席・遅刻によるご返金等は一切お受けしておりません。
  • 最少催行人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承願います。その際は、開催3日前までに、本ページおよびメールでご連絡いたします。
  • 自然災害、交通機関の事故、講師の発病等、不可抗力な事情により開催を中止することがあります。事前に中止が判明した場合は、本ページおよびメールにてお知らせいたしますので、各自でご確認ください。当日に中止が決まった場合は、本ページおよびメールと電話にてお知らせいたし、開催日の変更もしくは参加料の返金をいたします。 なお、旅費(航空券含む)や宿泊費とそれらのキャンセル諸費用については保障いたしません。
  • 会場は変更になる場合があります。その際は事務局よりご案内させていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加