このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての企業にとって必須となった「自社ECサイト」。物販だけでなく、顧客とのコミュニケーションの場でもあり、企業のビジネスの根幹になる存在です。それを運営するのは、「成り行きでなった担当者」ではなく、「自社ECのプロフェッショナル」でなくてはなりません。ECzine編集部が企画する講座をあつめた学校「ECzine Academy(イーシージン アカデミー)」が、自社ECのプロフェッショナル育成をお手伝いします。

自社ECを運営するうえで、土台となる知識を身につけたい人

EC関連のテクノロジーについて、効率的に短時間で勉強したい人

ECを運営するチームの部下に、ECの基礎教育を受けさせたい人

他社の自社EC担当者との出会いを求めている人

コロナ禍で対応を余儀なくされた店舗販売員の「デジタル接客」。SNS活用やライブコマースなど販売員が自発的に始めてくれたものの、成果につながらずモチベーションがダウンしていたり、経由で売れている販売員をきちんと評価しなくてはならないなど企業としての制度を整える時期に来ているのではないでしょうか。また、EC運営者にとっても、チャット活用などでEC上での接客のレベルを上げていくのに良い機会が訪れていると言えます。本講座では、Instagramの機能解説、ECとの連携やOMO評価、中国のトレンドまで、デジタル接客についておさえておきたいノウハウを3部構成でお届けします。
※お得な法人アカウント<5アカウント・10アカウント>もございます。詳細よりご確認ください。

こんな方にオススメ

  • 販売員のデジタル接客の仕組みを整えたいOMO・店舗DX推進者
  • Instagramのアカウントの運用がうまくいかない、これから始める販売員
  • EC上でのデジタル接客のレベルを上げたいEC運営者


多くの企業が本腰を入れ始めたEC事業。広告を出稿した分だけ新規顧客が増え、売上も上がり続けた時代は終わりを迎えつつあります。戦略を立て、狙いどおりの売上を立てていくためには分析が不可欠です。本講座では、ECの分析に不可欠のGoogleアナリティクスについて復習し、トレンドのGA4について現状でおさえておきたいポイントを簡潔に紹介します。また、ECにおいて重要な「新規顧客」と「既存顧客」や、トレンドのサブスクリプションビジネスについて、それぞれに適した分析手法を紹介し、GAによるウェブ解析にとどまらない、EC事業で利益を出すために必要な分析ノウハウを伝授します。

こんな方にオススメ

  • ECの分析にともなう、Googleアナリティクスの活用方法を復習したい
  • 新規顧客と既存顧客に分けて分析し、それぞれに最適なマーケティング施策を見つけたい
  • D2C・サブスクをはじめたばかりで、EC関連の分析を掘り下げていきたい人


ECzine編集部では、EC担当者がライバルに先駆け、半歩先の未来を見てビジネスを行えるよう、重要なポイントを短時間に、凝縮して学べるよう本講座を設計しました。リアルでは、2日間、全11時間の座学で開催している本講座を、オンラインでご覧いただけるようにしました。この機会を、ぜひご活用ください。

こんな方にオススメ

  • 別の部署から異動し、いきなり自社ECサイトの運営を担当することになった人
  • 自社ECを運営するチームの部下に、ECの基礎教育を受けさせたい人
  • 自社ECを運営するうえで、土台となる知識を身につけたい人