8-A-4 03/08 13:00 ~ 13:40 サンリオに聞く「ファン目線」と「企業目線」の両立 ファンを惹きつけながらデータ収集・顧客分析を実現する、コミュニケーションの工夫とは?

  

450を超える個性豊かなキャラクターとともに、その世界観を表現し多くのファンを引き付けている株式会社サンリオ。2020年7⽉には全社共通ポイントサービス「Sanrio+(サンリオプラス)」を導入し、ファンのエンゲージメント向上に注力しています。 本セッションでは株式会社サンリオ グローバル・デジタルマーケティング本部 CRM推進部部長 田口歩氏が登壇し、ファン目線のコミュニケーションと企業目線のデータ収集の両立を実現した施策のポイントを解説。合わせてポイントプログラム・会員証のカスタマイズなど実際の施策の紹介や、ポイントの利用動向などのデータから見えた「ファンが本当にブランドに求めるもの」についてもお話いただきます。

田口 歩 [サンリオ]
プロフィール

株式会社サンリオ
グローバル・デジタルマーケティング本部 CRM推進部 部長

国際データ通信事業者のエンジニアとしてキャリアをスタート。
インターネット黎明期にISP事業立ち上げに参画した後、外資系スタートアップにて動画ストリーミング、音楽配信事業の立ち上げを経験。その後 Webコンサルティングサービスを提供するイグジスト・インタラクティブ株式会社の代表取締役を経て、株式会社アイ・エム・ジェイの執行役員を歴任。2012年より株式会社サンリオにてオウンドメディアを統括。
2020年にCDPを導入して全社共通ポイントサービス Sanrio+(サンリオプラス) を立ち上げ、現在は顧客データの活用とサービス強化を通じたサンリオファンとのエンゲージメント向上に注力。

モデレーター:吉永 翠 [翔泳社]
プロフィール

株式会社翔泳社
MarkeZine編集部

大学院卒業後、新卒で翔泳社に入社しMarkeZine編集部に所属。学生時代はスポーツマーケティングの研究をしていました。

申し込む
このセッションを追加する(すでにMarkeZine Dayへ申込みをされている方)