ProductZine Day 2024 Summerのポイント

コロナ禍が落ちつき、最近は対面で交流する機会やニーズが戻ってきました。オンラインイベントは、時間や場所の制約を受けずに参加しやすい一方で、新しい仲間と出会ったり、気軽に雑談したりといった交流が難しいと感じます。

また他の職種に比べると、プロダクトマネージャーは社内で同じ立場で相談できる相手がまだ少なく、利害関係がない仲間と出会い、腹を割って悩みを相談し合えるような機会を欲していることでしょう。一方で、初対面の人と、いきなり一歩踏み込んだ議論をするのは少々ハードルが高いかもしれません。

そこで今回は、ProductZine Dayを初めてオフラインで開催させていただきます。プロダクトを成功・グロースさせる上で優先順位が高そうな課題をいくつかピックアップし、経験豊富で言語化が巧みな方々によるパネルディスカッションなどを通して、来場いただいた方々と共に考える場を提供します。そして続く懇親会で、それらの深掘りや交流に繋げていただけたらと考えています。会場の制約から参加できる人数に限りがありますので、本気でプロダクトを成功させたいと願う方々はぜひ参加をご検討ください。

お知らせ

◎受付開始(2024.06.27)
お申し込み受付を開始いたしました。
お申し込みはこちら
2024年8月29日(木)13時まで受付

企業に所属されている方は、所属企業のメールアドレスでご登録ください。

タイムテーブル

スピーカー

曽根原 春樹
LinkedIn

大野 峻典
Algomatic

石川 佑樹

渡瀬 丈弘
アスエネ

稲葉 将一
ファインディ

今井 隆文
リクルート

広瀬 丈
マネーフォワード

松栄 友希
SmartHR

飯沼 広基
LayerX

内藤 泰嗣
電通マクロミルインサイト

松本 彩
Mixpanel

乙幡 祐生
Sansan

お申し込みはこちら
2024年8月29日(木)13時まで受付

企業に所属されている方は、所属企業のメールアドレスでご登録ください。

タイムテーブル

開催概要

名称 ProductZine Day 2024 Summer
日時 2024年8月30日(金) 13:00~19:30
会場 神田明神ホール
東京都千代田区外神田2-16-2 神田明神文化交流館2F
JR 中央線・総武線[御茶ノ水]駅徒歩5分
JR 京浜東北線・山手線[秋葉原]駅徒歩7分
東京メトロ丸ノ内線[御茶ノ水]駅徒歩5分
東京メトロ千代田線[新御茶ノ水]駅徒歩5分
東京メトロ銀座線[末広町]駅徒歩5分
東京メトロ日比谷線[秋葉原]駅徒歩7分
主催 株式会社翔泳社 ProductZine編集部
参加費 無料 (事前登録制)
注意事項 ・ご登録いただいた方には、イベント当日受付時に必要な【参加証】などのご案内を、8月29 日(木)15:00~17:00の間にメールにてお送りいたします。
・本イベントは、会場でのリアル開催のみとなります。オンライン配信はございません。
・イベントへの参加には、事前登録が必要となります。
・企業に所属されている方は、所属企業のメールアドレスでご登録ください。
・お申し込みされたご本人様のみご参加いただけます。代理でのご参加は出来ませんので、予めご了承ください。
・プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。
・座席は先着順となります。混雑が予測されますので座席は詰めてご利用ください。また、立ち見となる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。
・再入場、途中の入退場が可能でございます。
・会場内にクローク、荷物預かり所はございません。大きなお荷物のお持ち込みはお断りする場合があります。
・イベント内容の録画、録音については固くお断りさせていただきます。これらの違反が発覚した場合、法的措置を取らせていただく場合もございますのでご注意ください。
・場内誘導、座席の確保等について特別な配慮をご希望の方は、当日受付にてご希望の内容をお知らせください。

スポンサー

ゴールドスポンサー

展示スポンサー

※50音順

行動規範

本イベントでは、すべての参加者、スピーカー、スポンサーとスタッフはイベント開催中およびその前後を含め以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。主催者はイベント開催を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者は誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。

全員がハラスメント行為なく、本イベントに参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします。私達主催者は、イベント参加者によるあらゆるハラスメント行為を一切許容しません。

ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、民族、国籍、宗教に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他のイベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。

他者を傷つける・苦痛を与える・不利益を与える言葉や行為、映像表現を使うことは会場およびイベントに関連するいかなる場でも不適切であり、その適用範囲は発表やトークの内容、ワークショップ、展示、関連パーティー、SNSやその他のオンラインメディアでの発言を含みます。これらのルールを破ったイベント参加者は、主催者の判断によって、会場中の行動を制限されたり、参加費(協賛金)の返却なく、本イベントからの追放処分を受けることがあります。

この行動規範は「会議での行動規範」をべースに改修し、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseでライセンスされています。