日本企業の経営において注目度の高い「両利きの経営」。
そろそろ具体的な成果が求められているのではないでしょうか?
Biz/Zine編集部では、探索と深化を同一組織内で可能にする「意思決定」が、その推進に求められていると考えました。
両利きの経営を推進したい企業にとって必要な「思考法」「意思決定」は、ずばり「データ思考」と「不確実性思考」です。

『Biz/Zine Day 2024 Summer』では2つのトラックでそれぞれ、研究者と企業での実践者の対談セッション、新規事業・データドリブン経営を実践する企業内実践者のセッション、と両利きの経営の「今」をお伝えいたします。
不確実性に対峙するためにデータを活用し、新規事業や組織変革を実現したいリーダーの皆様はぜひ会場にお越しください。

本イベントを通じて、DX推進や新規事業、データマーケティングに取り組む方々が、既存事業と新規事業で異なる意思決定手法を獲得して、「両利きの経営」により強固に推進するきっかけを作れたらと考えています。

お知らせ

書籍プレゼント(2024.07.04)
本イベントに事前登録・ご参加いただき、開催後のアンケートに回答いただいた方を対象に、抽選で【20名様】にプレゼントさせていただきます。
・『データ分析の教科書 最前線のコンサルタントがマクロミルで培った知識と実践方法』
・『DATA is BOSS 収益が上がり続けるデータドリブン経営入門』
※当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。あらかじめご了承ください。発送は、9月上旬頃を予定しております。
申し込み受付開始(2024.06.11)
お申し込み受付を開始いたしました。

企業に所属されている方は、所属企業のメールアドレスでご登録ください。

スピーカー

吉田 満梨
神戸大学大学院

島川 基
ネスレ日本

東浦 亮典
東急

紺野 登
多摩大学大学院

正田 康暁
楽天証券

浜田 誠一郎
関西電力

江崎 貴裕
東京大学先端科学技術研究センター

宇田川 元一
埼玉大学経済経営系大学院

須田 和憲
荏原製作所

西谷 翔太
Sun Asterisk

松岡 俊
マネーフォワード

大丸 徹也
Relic

大塚 和彦
システムコンシェルジュ

開催概要

名称 Biz/Zine Day 2024 Summer
日時 2024年7月30日(火)13:00-19:00予定(12:30受付開始)
会場 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ2F
主催 株式会社翔泳社 Biz/Zine編集部
参加費 無料(事前登録制)
注意事項 ※イベントに参加できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。
※本イベントはオンライン配信の予定はございません。ご来場の上ご参加ください。
※お申込みされたご本人様のみご参加いただけます。代理でのご参加はできません。
※座席は先着順となります。混雑が予測されますので座席は詰めてご利用ください。また、立ち見となる可能性がございますがご了承ください。
※会場内にクローク、荷物預かり所はございません。大きなお荷物のお持ち込みはお断りする場合があります。
※再入場、途中の入退場が可能です。
※イベント内容の録画、録音については固くお断りさせていただきます。
 違反が発覚した場合、法的措置を取らせていただく場合もございますのでご注意ください。
※プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。
※場内誘導、座席の確保等について特別な配慮をご希望の方は、当日受付にてご希望の内容をお知らせください。

企業に所属されている方は、所属企業のメールアドレスでご登録ください。

スポンサー

プラチナ

ゴールド

行動規範

本イベントでは、すべての参加者、スピーカー、スポンサーとスタッフはイベント開催中およびその前後を含め以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。主催者はイベント開催を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者は誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。

全員がハラスメント行為なく、本イベントに参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします。私達主催者は、イベント参加者によるあらゆるハラスメント行為を一切許容しません。

ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、民族、国籍、宗教に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他のイベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。

他者を傷つける・苦痛を与える・不利益を与える言葉や行為、映像表現を使うことは会場およびイベントに関連するいかなる場でも不適切であり、その適用範囲は発表やトークの内容、ワークショップ、展示、関連パーティー、ツイッターやその他のオンラインメディアでの発言を含みます。これらのルールを破ったイベント参加者は、主催者の判断によって、会場中の行動を制限されたり、参加費(協賛金)の返却なく、本イベントからの追放処分を受けることがあります。

この行動規範は「会議での行動規範」をべースに改修し、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseでライセンスされています。