社会全体が新たな日常の中で活動を始め、それを支える仕組みとしてのDXやプロダクト開発が加速しており、開発者にも今までとは違った視点での価値提供が求められています。

そうした中で、もはや「エンジニアリング」と「ビジネス」は相反するものではなく、新しい日常の中で価値を生み出すための運命共同体として、最初の一歩を踏み出す時が来ているのではないでしょうか?

今回の「Developers Summit 2021 Summer」では、ユーザーや顧客の価値を起点に、エンジニアリングで社会や事業の変革に取り組んだ挑戦をシェアすることで、変化した世の中において開発者が価値を生みだすための新たな指針を見つけることができる場を提供します。

このような方にぜひ参加いただきたいです!

ソフトウェア開発者、インフラエンジニアなどITに携わるエンジニアの方

プロダクトを生み、成長させたいと感じている方

エンジニアと共に、社会や事業の課題を解決したい非エンジニアの方

お知らせ

●事前登録受付開始・タイムテーブル公開
事前登録の受付を開始いたしました!タイムテーブルは順次更新いたします(6/21)
●JOBボード
スポンサー企業からのJOBボード(求人情報)を掲載しております(6/21)
●オンライン交流タイム・懇親会実施
当日は、オンラインスペースを利用して、参加者同士やスピーカー、スポンサー企業と交流できる場をご用意いたします。詳細は後日公開いたします(6/21)

スピーカー

ウルシステムズ/アークウェイ
漆原 茂

永和システムマネジメント
平鍋 健児

デンソー
及部 敬雄

サイバーエージェント
山田 明憲

日本マイクロソフト
清水 宏之

LINE
比企 宏之

グレープシティ
村上 功光

New Relic
佐々木 千枝

CircleCI
舟木 将彦

Insight Edge
梶原 悠

Insight Edge
新見 佳祐

はてな
古川 雅大

Pythonエンジニア育成推進協会
吉政 忠志

Pythonエンジニア育成推進協会
寺田 学

日本シノプシス
松岡 正人

ヤフー
大前 良介

ゆめみ
片岡 俊行

Splunk Services Japan
大谷 和紀

スリーシェイク
手塚 卓也

JFrog
横田 紋奈

プレイド
池上 純平

シスコシステムズカナダ
東村 誉

グラファー
吾郷 協

グラファー
澤 孝晃

クラスメソッド
阿部 信介

富士ソフト
中川 凌汰

野村総合研究所
岩崎 凌

野村総合研究所
島田 光基

野村総合研究所
森 一樹

Twilio Japan
池原 大然

ベガコーポレーション
小原 一真

ベガコーポレーション
上月 康行

レッドハット
北山 晋吾

READYFOR
仙塲 大也(ミノ駆動)

みらい翻訳
山口 真親

アクイアジャパン
丸山 ひかる

和田 卓人

VOYAGE GROUP/Zucks
南大津 寛

※順不同、敬称略

最新情報はTwitter、Facebookで随時お知らせ

開催概要

名称 Developers Summit 2021 Summer
日時 2021年7月30日(金)10:00-18:35予定
会場 オンライン
主催 株式会社翔泳社 CodeZine編集部
参加費 無料(事前登録制)
注意事項 ・イベントを視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。
・ご登録いただいた方には、別途、イベントを視聴するために必要な【 URL・ID・パスワード・接続方法 】などを、7月29日(木)17:00頃目処にメールにてお送りする予定です。
・イベント内容の録画、録音については固くお断りさせていただきます。違反が発覚した場合、法的措置を取らせていただく場合もございますのでご注意ください。
・プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。
・イベント終了後、アーカイブの公開はございません。

スポンサー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

オンライン支援スポンサー

ロゴスポンサー

※50音順

主催

行動規範

本イベントでは、すべての参加者、スピーカー、スポンサーとスタッフはイベント開催中およびその前後を含め以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。主催者はイベント開催を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者は誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。

全員がハラスメント行為なく、本イベントに参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします。私達主催者は、イベント参加者によるあらゆるハラスメント行為を一切許容しません。

ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、民族、国籍、宗教に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他のイベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。

他者を傷つける・苦痛を与える・不利益を与える言葉や行為、映像表現を使うことは会場およびイベントに関連するいかなる場でも不適切であり、その適用範囲は発表やトークの内容、ワークショップ、展示、関連パーティー、ツイッターやその他のオンラインメディアでの発言を含みます。これらのルールを破ったイベント参加者は、主催者の判断によって、会場中の行動を制限されたり、参加費(協賛金)の返却なく、本イベントからの追放処分を受けることがあります。

この行動規範は「会議での行動規範」をべースに改修し、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseでライセンスされています。