事前登録 6月中旬開始予定!

デブサミ夏は、ソフトウェア開発を取り巻くさまざまなトレンドの中から1つのテーマを選び、集中して議論することで課題解決や自身の可能性を拡げるヒントが手に入る開発者の夏の祭典。

今年のテーマは「アジャイル・DevOps時代のプロダクトとエンジニア組織を支える、Developer Productivityへの道」。事業や社会の課題解決にソフトウェアが欠かせない存在となったことで、開発者には変化に柔軟で品質の良いソフトウェアを素早く作り続けることが求められています。

これを実現するために先人たちは、アジャイルやDevOpsといった、開発サイクルを素早く回すことで継続的に改善する手法を磨いてきました。そして今、チームを越えて組織全体でこの改善の精度を高めるためのDeveloper Productivityに着目することで、開発者体験とソフトウェア開発プロセスはさらなる進化を遂げようとしています。

それはコーディングレベルでのテストの徹底から、品質向上を目的としたアジャイル・DevOpsへのテストやセキュリティの組み込み、既存プロダクトに横串を通す組織運営、開発技術によるインフラの信頼性向上まで多岐にわたり、組織の数だけ進化の芽が存在します。

今回の「Developers Summit 2022 Summer」では、開発者自身がDeveloper Productivityの担い手となり、さらなる進化を遂げるための知見が得られる場を目指します。

お知らせ

●セッション公募 受付終了(5/26)
セッションの一般公募の受け付けを終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました!
●セッション公募 受付開始(4/20)
セッションの一般公募の受付を開始いたしました!締切は5月26日(木)です。
●ティザーサイト公開(4/20)
事前登録の受付開始は、6月中旬頃を予定しております。受付開始連絡を希望される方は、ぜひ通知メールをご登録ください。

事前登録開始の通知をメールで受け取る

一部のセッションは事前登録開始から間もなく満員になることが予想されます。事前登録開始時に、Eメールでのご連絡をご希望の方は、メールアドレスを入力し、「登録ボタン」をクリックしてください。

最新情報はTwitter、Facebookで随時お知らせ

開催概要

名称 Developers Summit 2022 Summer
日時 2022年7月21日(木)10:00~予定
会場 オンライン
主催 株式会社翔泳社 CodeZine編集部
参加費 無料(事前登録制)
注意事項 ・イベントを視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。
・ご登録いただいた方には、別途、イベントを視聴するために必要な【 URL・ID・パスワード・接続方法 】などを、イベント開催日前日の17:00頃目処にメールにてお送りする予定です。
・イベント内容の録画、録音については固くお断りさせていただきます。違反が発覚した場合、法的措置を取らせていただく場合もございますのでご注意ください。
・プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。

セッション公募 募集要項

Developers Summit 2022 Summerでは一部セッションを公募します

募集セッション枠:8枠予定/1セッション40分(編成上の都合で増減する可能性があります)

イベント全体のセッション数:4トラック/34セッション(予定)

募集するセッション内容

デブサミ2022夏のテーマ「アジャイル・DevOps時代のプロダクトとエンジニア組織を支える、Developer Productivityへの道」に沿った、あなた自身の取り組みから再現性のある学びを得られるような内容をお話ください。(カテゴリの参考はこちら

期待するセッション例

応募資格(以下を満たしていることが条件です)

特典

当選し、登壇いただいた方には、以下の特典があります。

注意事項

公募受付スケジュール

Developers Summitとは

Developers Summit(デブサミ)は、翔泳社が主催するITエンジニアのためのカンファレンスです。毎年2月に開催し、2日間でのべ4,000人以上が参加しています。テーマを特定の技術領域に絞らず、ITエンジニアが押さえておきたいさまざまなトピックを扱っています。

行動規範

本イベントでは、すべての参加者、スピーカー、スポンサーとスタッフはイベント開催中およびその前後を含め以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。主催者はイベント開催を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者は誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。

全員がハラスメント行為なく、本イベントに参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします。私達主催者は、イベント参加者によるあらゆるハラスメント行為を一切許容しません。

ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、民族、国籍、宗教に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他のイベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。

他者を傷つける・苦痛を与える・不利益を与える言葉や行為、映像表現を使うことは会場およびイベントに関連するいかなる場でも不適切であり、その適用範囲は発表やトークの内容、ワークショップ、展示、関連パーティー、ツイッターやその他のオンラインメディアでの発言を含みます。これらのルールを破ったイベント参加者は、主催者の判断によって、会場中の行動を制限されたり、参加費(協賛金)の返却なく、本イベントからの追放処分を受けることがあります。

この行動規範は「会議での行動規範」をべースに改修し、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseでライセンスされています。

お問い合わせ