コロナ禍によるリモートワークの普及は人事制度まで変えつつあります。最たるものが「ジョブ型(職務主義)」の導入でしょう。リモートワーク下でのマネジメントと相性が良いほか、多様な人材を登用しやすく、高度専門人材が能力を発揮しやすいため、イノベーションやDXが進むことも期待できます。

一方で、ジョブ型では若年層の就職・成長の機会が乏しくなります。また、上のポストへ移らなければ昇給が望めないため、若手も中堅もベテランもポスト獲得競争をせざるを得ません。多くの日本人には未体験の厳しい環境で、従業員体験・満足度は下がり、業務の質や成果に悪影響が出るおそれもあります。もちろん、それではいけません。

今の人事制度の風向きは、「従業員がそれぞれに選んだ幸せな働き方の中で実力を発揮した成果を評価するもの」です。これを実現できない企業は人材に見限られ、VUCAと呼ばれる不確実なこれからの時代に成長を続けられないでしょう。ジョブ型もこの文脈の中で運用されるべきものだと思います。

本イベントでは、そのために必要な知見や実績を持つトップランナーに登壇を願い、従業員が幸せになり、会社も成長する新しい人事制度について語っていただきます。

開催概要

名称 HRzine Day 2021 Summer
日時 2021年7月20日(火) 12:30~17:00
会場 オンライン
主催 株式会社 翔泳社
参加費 無料 (事前登録制)
注意事項 ※イベントを視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。
※ご登録いただいた方には、別途、イベントを視聴するために必要な【 URL・ID・パスワード・接続方法 】などを、7月19日(月)15:00~17:00までにメールにてお送りいたします。
※イベント内容の録画、録音、撮影については固くお断りさせていただきます。これらの違反が発覚した場合、法的措置を取らせていただく場合もございますのでご注意ください。
※プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。
※イベント終了後、アーカイブの公開はございません。
お申込み受付はこちら
2021年7月19日(月)13時まで受付

タイムテーブル

12:30~13:20 基調講演間違いだらけの「日本式」ジョブ型雇用

昨今流行している「ジョブ型にすれば解決」という人事ムーブメントの危険さを説きます。
そもそもジョブ型なるものは日本でしか使われていない言葉です。しかも、今、多くの日本企業が試行しているそれは、欧米型での人事・雇用制度とは大きく異なります。
そもそもなぜ「脱日本型雇用」が必要だったか、その原点に戻り、本当の解決策を考えます。

海老原 嗣生

プロフィール

厚生労働省労働政策審議会人材開発分科会委員
経済産業研究所 コア研究員
大正大学 特任教授
中央大学大学院 客員教授

1964年、東京生まれ。大手メーカを経て、リクルートエイブリック(現リクルートエージェント)入社。新規事業の企画・推進、人事制度設計等に携わる。その後、リクルートワークス研究所にて雑誌Works編集長に就任。2008年にHRコンサルティング会社ニッチモを立ち上げる。『エンゼルバンク』(モーニング連載、テレビ朝日系でドラマ化)の主人公 海老沢康生のモデルでもある。人材・経営誌『HRmics』編集長、リクルートキャリア フェロー(特別研究員)、元株式会社ニッチモ代表取締役。
著書は『AIで仕事がなくなる論のウソ(イーストプレス)』、『人事の成り立ち』(白桃書房)、『人事の組み立て』(日経BP)他多数。

13:30~14:00失敗から学ぶ健康経営 ~「ウェルビーイング」のあるべき姿とは~

その福利厚生、本当に社員が使っているでしょうか?
近年、日本の福利厚生サービスは利用率が30%と言われています。コストを掛けても業員満足度(ES)を上げることができず、無駄な投資に終わるケースも多く見られます。
多様化する人材のニーズに応えられる健康経営の施策はどのように創っていくべきか。400社の健康管理に携わってきた講師がリアルな声をもとに、健康経営の戦略策定方法を語ります。

梅田 翔五

プロフィール

株式会社iCARE Sales&Marketing部 セールスマネージャー
健康経営アドバイザー
第1種衛生管理者

大手製薬企業、大手人材サービス企業を経て、iCAREにジョイン。健康管理システム『Carely』の営業活動を行うと同時に企業の健康経営や健康管理体制のご相談に乗っています。形だけの健康経営ではなく、本質的かつ効率的な健康経営を企業の皆さんと実現していきたい!と日々邁進しております。

14:10~14:40従業員育成を実現するためのタレントマネジメント

働き方の多様化や経営環境の変化が顕著な今日、多くの企業では次世代リーダーや管理職の育成が求められています。本講演では、「従業員育成を実現するタレントマネジメント」というテーマを中心に、タレントマネジメントを始める上での注意点やシステムの選定法、データの活用事例など、すぐに活用できる具体的なメソッドをお伝えします。

岩本 英佑

プロフィール

株式会社HRBrain フィールドセールス

大学卒業後、大手人材会社で人材紹介/採用コンサルティング業務に6年間従事。
不動産/建設/物流/商社/広告/ITと幅広い業界を担当し営業部門のマネージャーとして組織開発も行う。現在はHRBrainのプレイングマネージャーとして人事/経営層に対しての活用提案、組織マネジメントも担当している。

14:50~15:20調整中


15:30~16:00調整中


16:10~17:00 特別講演調整中

スポンサー

ゴールドスポンサー

※50音順

お申込み受付はこちら
2021年7月19日(月)13時まで受付

行動規範

本イベントでは、すべての参加者、スピーカー、スポンサーとスタッフはイベント開催中およびその前後を含め以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。主催者はイベント開催を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者は誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。

全員がハラスメント行為なく、本イベントに参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします。私達主催者は、イベント参加者によるあらゆるハラスメント行為を一切許容しません。

ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、民族、国籍、宗教に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他のイベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。

他者を傷つける・苦痛を与える・不利益を与える言葉や行為、映像表現を使うことは会場およびイベントに関連するいかなる場でも不適切であり、その適用範囲は発表やトークの内容、ワークショップ、展示、関連パーティー、ツイッターやその他のオンラインメディアでの発言を含みます。これらのルールを破ったイベント参加者は、主催者の判断によって、会場中の行動を制限されたり、参加費(協賛金)の返却なく、本イベントからの追放処分を受けることがあります。

この行動規範は「会議での行動規範」をべースに改修し、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseでライセンスされています。