2-B-2 09/02 11:10 ~ 11:55 KDDIグループが実現するAIマーケティング
~UQモバイルの事例から見るマーケティングにおけるAI活用の要諦~

KDDIとアクセンチュアのジョイントベンチャーとして誕生したARISE analyticsは、現在、約300名のデータサイエンティストが所属し、KDDIグループ全体のDX促進を支援しています。その貢献領域はau事業だけではなく、KDDIで培われたAIアセットはグループ内で広く活用されています。
今回のセッションでは、UQ ×ARISEで実現したAIを活用したマーケティング事例のご紹介と、そこから見えてきたマーケティングにおけるAI活用の要諦についてお話いたします。

山本 隆広 [KDDI]
プロフィール

KDDI株式会社
サービス統括本部 パートナービジネス開発部長

モバイルインターネット事業における認証・課金PFの企画開発やスマートフォン向け商品サービスの企画、開発を経て、2015年からKDDI、auのデータを利活用推進を担当。分析基盤の構築・運営、データ分析に基づくデジタルマーケティングやデータビジネスの実践。社員の分析力向上を目的とした教育・研修などを推進。
2020年から現職に就き、データを活用した企業とのアライアンスを推進。

水谷 晃 [UQコミュニケーションズ]
プロフィール

UQコミュニケーションズ株式会社
事業開発部 副部長/データ経営推進グループマネージャー

KDDIにおいて新規事業開発、サービス企画、グローバルM&Aを経験した後、出資先の海外携帯通信事業者の営業・戦略部門担当VPとして赴任、コンシューマビジネスの顧客分析、信用スコア導入をリード。2019年からUQコミュニケーションズにおいてデータ・ドリブン経営の推進を担当。

桝本 智志 [ARISE analytics/アクセンチュア]
プロフィール

株式会社ARISE analytics Marketing Solution Division Director
アクセンチュア株式会社 ビジネス コンサルティング本部 AIグループ シニア・マネジャー

2013年にアクセンチュア入社。複数の業界・企業向けにBI・DWH構築、分析案件を推進。2017年よりARISE analyticsに参画。
ARISE参画後、KDDI、KDDIグループへのマーケティング分析支援およびレコメンドエンジン、分析PFなどソリューション構築支援を推進。2020年よりMarketing solution Division Director。

申し込む

このセッションを追加する(すでにMarkeZine Dayへ申込みをされている方)