お知らせ

MarkeZine Day 2022 Autumnは終了いたしました。ご視聴いただき、ありがとうございました。

メッセージ

今回のMarkeZine Day 2022 Autumnのテーマは「インサイト×事例×トレンドをキャッチアップする2日間」です。3月のMarkeZine Day 2022 Springでは、参加した方から「セッションのバリエーションが多い」「コンテンツがトレンドを踏まえている」「事例が業務の参考になる」などの声をいただきました。
今回も視聴者の皆さんの期待に応えられるよう、Z世代をはじめとした生活者のインサイト、最新のマーケティングトレンド、企業事例をお届けします。多様なテーマのセッションを通じて、皆さんの学びや次のアクションにつながれば幸いです。

タイムテーブル

スピーカー

西口 一希
M-Force / Strategy Partners

肥後 俊樹
パル

上島 千鶴
Nexal

野村 大地
NTTドコモ

緒方 恵
Minimal - Bean to Bar Chocolate -(βace)/中川政七商店

用丸 雅也
電通

北山 隆造
パルコ

川合 加奈子
資生堂クリエイティブ

内村 裕香
東芝デジタルマーケティングイニシアティブ

大井 哲也
TMI総合法律事務所

片山 義丈
ダイキン工業

石戸 亮
パイオニア

齋藤 司
マクロミル

中林 紀彦
ヤマト運輸

酒井 崇匡
博報堂

逸見 光次郎
CaTラボ / 日本オムニチャネル協会

池田 沙貴子
ユナイテッドアローズ

渡邉 桂子
ビーアイシーピー・データ

伊藤 美希子
ベストインクラスプロデューサーズ

石川 貴章
日本電気

小野寺 洋
ヤマップ

南雲 克明
丸亀製麺

大林 裕美子
Twitter Japan

甲斐 拓人
Septeni Japan

神蔵 麻鈴
Septeni Japan

松野 泰大
電通

板倉 マサアキ
揚羽

藤田 康人
インテグレート

藤井 慧里
Speee

月岡 克博
Faber Company

菊池 貴行
ベーシック

宇野 正悟
リンクアンドモチベーション

中川 太
​ソフトバンク

津下本 耕太郎
グロース X

森 英一
ecbeing

深田 浩嗣
Sprocket

谷風 公一
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ

松井 真理子
アドビ

小木曽 正佳
EVERRISE

福島 正隆
プレイド

関口 典史
インキュデータ

細谷 友樹
三井住友カード

渋谷 智之
エイトハンドレッド

廣瀬 健一
CHEQ JAPAN

小野 博
RIZAP

野口 真史
ヤフー

中村 祥子
ピクルス

北村 伊弘
スリーシェイク

岡本 静華
電通デジタル

多々良 史弥
シナジーマーケティング

井上 純
visumo

松本 健太郎
JX通信社

嶋田 彩野
ユーザーローカル

西本 祥子
大丸松坂屋百貨店

荻野 隼太
大丸松坂屋百貨店

藤井 里名
シャノン

神野 純孝
ハートコア

大熊 勇樹
エキサイト

八重樫 健
Micoworks

加藤 希尊
チーターデジタル

高橋 将平
Adjust

羽賀 孝行
チャットプラス

小室 武史
日本ケンタッキー・フライド・チキン

河村 嘉樹
TVISION INSIGHTS

棚橋 祐介
SATORI

山本 俊
電通

福田 博史
電通

松前 薫
ヴァリューズ

道上 飛翔
翔泳社

開催概要

名称 MarkeZine Day 2022 Autumn
日時 2022年 9月 7日(水)10:00-18:10
2022年 9月 8日(木)10:00-18:10
会場 オンライン開催
主催 株式会社 翔泳社 MarkeZine編集部
参加費 無料
ご登録いただいた方には、別途、本イベント配信を視聴するために必要な【 URL・ID・パスワード・接続方法 】などを、 9月 6日(火)15:00~17:00にメールにてお送りいたします。
注意事項 ・本イベント配信を視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。
・本イベント配信内容の録画、録音、撮影については固くお断りさせていただきます。これらの違反が発覚した場合、法的措置を取らせていただく場合もございますのでご注意ください。
・プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。
・本イベント配信終了後、アーカイブの公開はございません。

スポンサー

プラチナ

ゴールド

シルバー

ロゴ

タイムテーブル

行動規範

本イベントでは、すべての参加者、スピーカー、スポンサーとスタッフはイベント開催中およびその前後を含め以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。主催者はイベント開催を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者は誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。

全員がハラスメント行為なく、本イベントに参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします。私達主催者は、イベント参加者によるあらゆるハラスメント行為を一切許容しません。

ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、民族、国籍、宗教に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他のイベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。

他者を傷つける・苦痛を与える・不利益を与える言葉や行為、映像表現を使うことは会場およびイベントに関連するいかなる場でも不適切であり、その適用範囲は発表やトークの内容、ワークショップ、展示、関連パーティー、ツイッターやその他のオンラインメディアでの発言を含みます。これらのルールを破ったイベント参加者は、主催者の判断によって、会場中の行動を制限されたり、参加費(協賛金)の返却なく、本イベントからの追放処分を受けることがあります。

この行動規範は「会議での行動規範」をべースに改修し、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseでライセンスされています。