ウィズコロナ時代に突入し、かつては「新しい生活様式」と呼ばれた私たちのライフスタイルも、今やあたりまえのものとして定着しつつあります。同様に、ビジネスシーンにおいてもチーム一丸となってトライアンドエラーに取り組んだことで、その組織なりのベストアンサーを手繰り寄せ、アップデートされた営業活動により成果を高めたチームも多いのではないでしょうか。2020年以降の社会変化は従来の組織設計の「あたりまえ」を疑い、チームのあり方を再構築するきっかけにもなりました。

本イベントでクローズアップするのは、ウィズコロナ時代の営業活動の鍵を握る「オペレーション」「イネーブルメント」。社会情勢の変化に関わらず、ワンチームで順応するための柔軟な部署間連携、Sales Tech活用のケーススタディを学び、どのような環境下にあっても成長し続けられる「持続可能な組織づくり」のヒントを探ります。

お知らせ

年末年始休業のお知らせ(12/22)
誠に勝手ながら、下記期間中のお問合せ窓口を休業させていただきます。期間中のお問合せに関しましては、1月5日(水)以降の対応となります。ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
2021年12月28日(火)~2022年1月4日(火)
受付開始(11/25)
お申し込み受付を開始いたしました。イベントを視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。タイムテーブルはこちら!

スピーカー

福田 康隆
ジャパン・クラウド・コンサルティング

島田 正明
CCCマーケティング

田中 翔也
Qiita

神田 智貴
ベーシック

長田 順三
ソフトブレーン

山下 貴宏
アールスクエア・アンド・カンパニー

鈴木 彩乃
ランドスケイプ

秦 和男
日立ソリューションズ

福眞 総一郎
Xactly

中村 小太郎
ラクス

高橋 知久
ヤプリ

阿部 剛士
横河電機

小澤 正治
トレジャーデータ

堀 康佑
SATORI

藤田 健太
グラフ

渡邊 康弘
キーエンス

お申し込みはこちら
2022年1月24日(月)13時まで受付
タイムテーブルを見る

開催概要

名称 SalesZine Day 2022 Winter
日時 2022年1月25日(火)13:00-17:45
2022年1月26日(水)13:00-17:45
会場 オンライン
主催 株式会社 翔泳社
参加費 無料 (事前登録制)
注意事項 ※イベントを視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。
※ご登録いただいた方には、別途、イベントを視聴するために必要な【 URL・ID・パスワード・接続方法 】などを、1月24日(月)17:00頃目処にメールにてお送りする予定です。
※イベント内容の録画、録音、撮影については固くお断りさせていただきます。これらの違反が発覚した場合、法的措置を取らせていただく場合もございますのでご注意ください。
※プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。
※イベント終了後、アーカイブの公開はございません。
参加者特典 事前登録のうえ、当日1セッション以上を視聴いただいた方全員へ、2021年刊行『Sales Tech市場と営業組織のテクノロジー活用最新動向調査 2021』の第3章全文(営業関係者1,000名以上へのアンケート結果)をイベント終了後、1週間限定で無料公開します。公開ページは、会期後1週間以内を目途にご案内する予定です。

スポンサー

プラチナスポンサー

ゴールドスポンサー

シルバースポンサー

お申し込みはこちら
2022年1月24日(月)13時まで受付
タイムテーブルを見る

行動規範

本イベントでは、すべての参加者、スピーカー、スポンサーとスタッフはイベント開催中およびその前後を含め以下の行動規範に従うことへの同意を必要とします。主催者はイベント開催を通じてこの規範の実施を徹底します。私達主催者は誰にとっても安全な環境を確約するためにすべての参加者が協力することを期待しています。

全員がハラスメント行為なく、本イベントに参加し体験できる環境の提供に最善を尽くします。私達主催者は、イベント参加者によるあらゆるハラスメント行為を一切許容しません。

ハラスメント行為には、言葉による性別、性的指向、障碍の有無、外見、身体の大きさ、人種、民族、国籍、宗教に関する攻撃的なコメント、公的空間での性的な映像表現、意図的な威力行為、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音によるいやがらせ、トークやその他のイベントに対して繰り返して中断しようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。

他者を傷つける・苦痛を与える・不利益を与える言葉や行為、映像表現を使うことは会場およびイベントに関連するいかなる場でも不適切であり、その適用範囲は発表やトークの内容、ワークショップ、展示、関連パーティー、ツイッターやその他のオンラインメディアでの発言を含みます。これらのルールを破ったイベント参加者は、主催者の判断によって、会場中の行動を制限されたり、参加費(協賛金)の返却なく、本イベントからの追放処分を受けることがあります。

この行動規範は「会議での行動規範」をべースに改修し、Creative Commons Attribution 3.0 Unported Licenseでライセンスされています。