B-2 03/13 10:50 ~ 11:30 ランサムウェア攻撃の事例と教訓~サプライチェーンを守る、これからのセキュリティ戦略~

ランサムウェアを始めとするサイバー攻撃の被害は、ターゲットとなった組織だけではなく、取引先や関連企業などサプライチェーン全体にも大きな影響を及ぼしています。被害に遭っても事業継続を可能にし、すばやく回復するためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか?
本セッションでは、もはやビジネスパートナーとの信頼関係の構築に必須ともいえるセキュリティ対策のポイントについて、実際のインシデントにおけるセキュリティ課題に触れながら解説します。

本セッションは、株式会社日立ソリューションズ様の提供でお送りいたします。

扇 健一 [日立ソリューションズ]

株式会社日立ソリューションズ
セキュリティマーケティング推進部 シニアエバンジェリスト 兼 Security CoE センタ長 早稲田大学グローバルエデュケーションセンター 非常勤講師

早稲田グローバルエデュケーションセンター非常勤講師。特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会やVirtual Engineering Communityなどのセキュリティ関連団体において社会貢献活動も行う。
20年以上にわたり開発から導入までセキュリティ関連業務に従事しており、セキュリティソリューション全般の拡販業務やソリューション企画に従事し現在に至る。ダイワボウ情報システム株式会社 PC-Webzineにてセキュリティ記事「CYBER GUARDIAN」連載中。

お申し込みはこちら
2024年3月12日(火)13時まで
企業に所属されている方は、所属企業のメールアドレスでご登録ください。

このセッションを追加する(すでに申し込みをされてる方)