B-3 03/13 11:40 ~ 12:10 これからの時代に求められる、サイバーセキュリティの要「アイデンティティ管理」

デジタル化やクラウド化が進んだことで社内のIT環境が複雑化し、さらに多様な人材を雇用する機会も増え、IDの数が指数関数的に増加しています。セキュリティの境界となるアイデンティティの管理が適切に行われていなかったことが主要な原因の1つとなり、会社の経営そのものを脅かすインシデントも発生しています。
これからの時代、どのような観点でアイデンティティ管理を考えるべきか、IDaaSに加えてどのような機能が求められるのか、いち早くアイデンティティガバナンスに踏み出した企業の事例も含め、新しいアイデンティティの世界をご紹介します。

本セッションは、SailPointテクノロジーズジャパン合同会社様の提供でお送りいたします。

盛口 泰孝 [SailPointテクノロジーズジャパン]

SailPointテクノロジーズジャパン合同会社
ビジネス開発本部 兼 パートナー事業本部 本部長

NTTにてSE、PMに従事したのち2006年よりMicrosoftにてTeamsの前身となるRTC製品の日本市場立ち上げ、Office365の日本市場での本格展開を推進。2017年よりSAPにてSAP Cloud Platformの製品主幹、COO組織にて事業計画策定や実行プロジェクトのマネージメントを推進。その後、2021年より今後のサイバーセキュリティーの要になるIGAに着目しSailPointにてパートナー様各社と協力し推進中。

お申し込みはこちら
2024年3月12日(火)13時まで
企業に所属されている方は、所属企業のメールアドレスでご登録ください。

このセッションを追加する(すでに申し込みをされてる方)